鳩山威一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鳩山 威一郎
はとやま いいちろう
Hatoyama family 1953.jpg
1953年に家族で撮影されたスナップ。後方で立っている人物が威一郎。前列は右から、長男由紀夫。父一郎。母薫。
生年月日 1918年11月11日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市
没年月日 (1993-12-19) 1993年12月19日(満75歳没)
出身校 府立高等学校(現・首都大学東京
東京帝国大学(現・東京大学
前職 大蔵省官僚・事務次官
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等瑞宝章
配偶者 妻・鳩山安子
親族 祖父・鳩山和夫
祖父・寺田栄
父・鳩山一郎
長男・鳩山由紀夫
長女・井上和子
次男・鳩山邦夫
孫・鳩山太郎

日本の旗 第105代 外務大臣
内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月24日 - 1977年11月28日

選挙区 全国区→)
比例区
当選回数 3回
在任期間 1974年7月7日 - 1992年7月7日
テンプレートを表示

鳩山 威一郎(はとやま いいちろう、1918年(大正7年)11月11日 - 1993年(平成5年)12月19日)は、日本の官僚、政治家。正三位勲一等

第52・53・54代内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の長男。祖父は第6代衆議院議長鳩山和夫。母方の祖父は右翼団体玄洋社出身の貴族院議員寺田栄鳩山由紀夫鳩山邦夫は息子。井上和子は長女。指揮者の渡邉暁雄とは義兄弟に当る。

来歴・人物[編集]

東京市(のちの東京都文京区)出身。高等師範附属小(現・筑波大附属小)、旧制府立高等学校(のちの東京都立大学)を経て、1941年(昭和16年)に東京帝国大学法学部をトップで卒業後、大蔵省に入省、同期に柏木雄介加治木俊道など。入省後、すぐに海軍に召集される。1942年(昭和17年)、ブリヂストン創業者石橋正二郎の長女石橋安子と結婚。

1946年(昭和21年)召集解除により大蔵省復職。主計局畑を歩み、主計局長から大蔵事務次官就任。次官在任中の1972年(昭和47年)9月、田中角栄首相の日本列島改造論を背景とした総理の至上命令として、鳩山次官以下、相沢英之主計局長、橋口収理財局長、高木文雄主税局長らで、1973年度の超大型予算を組むこととなった。のちに、1971年(昭和46年)のニクソン・ショックに伴うインフレの兆しがあったことや、1973年(昭和48年)10月からのオイルショックなどと相まって、戦後最悪の狂乱物価を招いた超インフレ予算として批判されることとなった。1972年(昭和47年)に退官する。

1974年(昭和49年)、大蔵OBとして酒や塩などの関連業界団体の組織票を中心として参議院全国区に立候補し初当選。1976年(昭和51年)、当選1回ながら福田赳夫内閣外務大臣に抜擢されるなど、毛並みも良い「大物官僚」出身の政治家として期待されたが、病気がちで政界では目立った活躍は出来ず、3期務めた1992年(平成4年)に政界を引退。1993年(平成5年)12月19日死去。享年75。

長男由紀夫と1986年(昭和61年)の衆院初当選同期の新井将敬の後援会会長を務めた(由紀夫自身の選挙区は北海道だが、新井の選挙区内に家を構えていた)。その他、財団法人東京都軟式野球連盟会長職に就く。同職は後に次男の邦夫に引き継がれた。

ウィスキー水割りを作るのが非常に上手で、大蔵官僚時代は同僚や後輩たちを家に呼び、その水割りをふるまったという。

長男由紀夫、次男邦夫、長女(井上)和子のほかに、非嫡出子が一人いる。

1986年(昭和61年)の由紀夫初当選時には既に病身で、息子2人に支えられながら国会の階段を上がったことなどが、『みわちゃんねる突撃永田町!!』の鳩山由紀夫の回[1]で由紀夫より明らかにされている。

略歴[編集]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山一郎
 
鳩山威一郎
 
 
鳩山由紀夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安子
 
 
鳩山邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋正二郎
 
 
典子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多摩子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
啓子
 

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]

公職
先代:
小坂善太郎
日本の旗 外務大臣
第105代:1976年 - 1977年
次代:
園田直