村田誠醇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 誠醇(むらた せいじゅん、1947年2月6日 - )は、日本政治家。元日本社会党参議院議員(1期)、社会保険労務士

来歴[編集]

東京都出身。1969年日本大学法学部を卒業。卒業後は日本社会党本部に勤務した。社会保険労務士の資格を取得した後、1979年に労働保険事務組合を設立した。全国中小企業連合常務理事や副会長を務めた。1989年第15回参議院議員通常選挙比例区から日本社会党公認で立候補して初当選。1995年第17回参議院議員通常選挙に立候補したが落選した。1996年第41回衆議院議員総選挙東京8区から民主党公認で出馬するも落選した。

参考文献[編集]