津田弥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津田 弥太郎
つだ やたろう
生年月日 (1952-05-05) 1952年5月5日(65歳)
出生地 岐阜県大野郡
出身校 神奈川大学法学部卒業
前職 ゼンキン連合副書記長
参議院議員
所属政党 民主党→)
民進党赤松グループ

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2004年7月26日 - 2016年7月25日
テンプレートを表示

津田 弥太郎(つだ やたろう、1952年5月5日 - )は、日本政治家民進党所属の前参議院議員(2期)。

略歴[編集]

岐阜県大野郡生まれ。岐阜県立斐太高等学校神奈川大学法学部卒業後、ゼンキン連合(現・JAM)に入局し、本部副書記長を経て、2004年第20回参議院議員通常選挙比例区から初当選。2010年7月の第22回参議院議員通常選挙で再選。労組専従からの典型的な連合組織内候補であった。

2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[1]

2016年第24回参議院議員通常選挙には出馬せず、任期限りで政界を引退。後継としてJAM副会長の藤川慎一が立候補し112,995票(立候補者22人中第13位)を集めたが、当選圏に届かず落選した。

政策・主張[編集]

その他[編集]

平和安全法制特別委員会騒動

2015年9月17日、参院平和安全法制特別委員会での平和安全法制採決時に、大混乱となった委員長席周辺から離れた場所に立っていた自民党大沼瑞穂をイスまで引きずり、イスに座った津田の膝の上に乗せた後、横に投げ飛ばした際に右手の薬指と小指を負傷させられたとしている[3]。これに対して谷垣禎一自民党幹事長懲罰動議の検討を表明した[4]

9月19日、産経新聞の取材に対し、津田は「関係ない」との発言を繰り返し、記者のICレコーダーを見て「余計なもの出すな」と述べ、取材を拒否した[5]

9月24日、榛葉賀津也参院国対委員長とともに大沼と面会し謝罪。大沼によれば、榛葉は誠実に謝ったが、津田は「引き倒したのは遺憾である」などと短く述べるだけで正面から謝罪はしなかったため、誠意が感じられず個人的には受け入れられないとしている[6][7]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 時事ドットコム 2015年1月7日
  2. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」 毎日jp(毎日新聞社)、2010年6月26日。
  3. ^ “「私を羽交い締めにして引き倒し…」 自民女性議員が民主議員の“セクハラ暴行”を激白!”. 産経新聞. (2015年9月18日). http://www.sankei.com/affairs/news/150918/afr1509180047-n1.html 2015年9月18日閲覧。 
  4. ^ “自民・谷垣氏が民主のセクハラ暴行に激怒、懲罰動議に言及「節度を欠いている」”. 産経新聞. (2015年9月18日). http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180097-n1.html 2015年9月19日閲覧。 
  5. ^ ““セクハラ暴行”疑惑の民主議員、本紙直撃に「関係ない」繰り返す”. 産経新聞. (2015年9月19日). http://www.sankei.com/politics/news/150919/plt1509190005-n1.html 2015年9月19日閲覧。 
  6. ^ “民主・津田議員「暴行」疑惑 自民・大沼議員、怒り冷めやらず”. FNN. (2015年9月24日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00303954.html 
  7. ^ “民主・津田氏、自民・佐藤氏が謝罪…安保の混乱”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2015年9月24日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150924-OYT1T50105.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
柳田稔
日本の旗 参議院厚生労働委員長
2010年 - 2011年
次代:
小林正夫
公職
先代:
小林正夫岡本充功
日本の旗 厚生労働大臣政務官
藤田一枝と共同

2011年 - 2012年
次代:
糸川正晃梅村聡