木暮山人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木暮 山人(こぐれ やまと、1928年3月7日1998年5月26日[1])は、日本歯科医政治家参議院議員(2期)。

生涯[編集]

新潟県新発田市出身。旧制新発田中を経て日本歯科医学専門学校1949年に卒業。更に法政大学法学部に進学し、1951年に卒業した。その後,日本歯科大学歯科薬理学教室研究生として在学,歯学博士の学位を取得する。

政治に早くから関心を持ち、法政大学在学中に亜細亜青年連盟を結成して1953年総選挙に出馬。この時は得票が法定得票数にも満たず泡沫候補に終わるが、その後5回も総選挙に出馬し続けて得票を伸ばし続けた。その一方で歯科医として歯友会歯科技術専門学校の創設に関わり、歯科技工から実業界にも進出。東南アジアへの医療奉仕団長を務めるなど、アジア諸国との交流に尽力した。

1989年参院選自民党の公認を得て、初当選。国政初挑戦から36年目を経て、ようやく政界入りを果たす。自民党では清和会を経て政眞会に所属するが、1993年に自民党を離党すると新生党を経て新進党結成に参加。1995年参院選では新進党公認で再選を果たす。自民党離党後も小沢一郎加藤六月らと行動を共にし、新進党解党後の1998年自由党の結成に参加したが、同年、任期途中に腎不全で死去した。

政歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、484頁。