白眞勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 白 眞勲
生年月日 1958年12月8日(57歳)
出身地 東京都新宿区
出身校 日本大学大学院生産工学研究科修士課程修了
日本大学生産工学部建築工学科卒業
学位・資格 生産工学修士
生産工学士
前職 朝鮮日報日本支社長
所属委員会 財政金融委員会
行政監視委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(理事)
世襲
選出選挙区 参議院比例区
当選回数 3回
所属党派 民主党→)
民進党菅グループ
党役職 国際局副局長
参議院国会対策副委員長
会館部屋番号 参議院議員会館1116号室
テンプレートを表示

白 眞勲(はく しんくん、백진훈、ベック・ヂンフン[1]、Baek Jinhoon、1958年12月8日 ‐ )は、朝鮮に出自を持つ政治家民進党所属の参議院議員(3期)。元朝鮮日報日本支社長。

経歴[編集]


活動[編集]

永住外国人地方参政権付与[編集]

  • 2004年7月12日、初当選直後に民団中央本部に挨拶に訪れ、「これからがスタート。在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」と述べると、民団の呂健二副団長は「ねじを巻き直して在日の参政権運動にともに邁進しよう」と応じた[7]
  • 2005年2月25日、参議院憲法調査会で「日本で生活して20年以上になる定住外国人には参政権を認めるべき」と見解を示した[8]
  • 2007年9月、韓国の聯合ニュースのインタビューで「次の世代の在日同胞の韓国に対する帰属意識が弱まっているだけに、永住外国人としての地方参政権問題に同胞社会が関心を持っている」と見解を述べた[9]
  • 2007年12月、在日本大韓民国青年会の主催する集会にツルネン・マルテイと一緒に参加し、「日本の内なる国際化のためには定住外国人に地方参政権を与えるべきだ」との認識をあらためて表明した[10]
  • 2008年2月27日、韓国ソウルで行われた李明博大統領の就任式祝賀会に川上義博と共に参加。李大統領の「地方参政権実現へ強い熱意がある。皆さんの長年の思いに応えることはもちろん、韓日関係の成熟化と相互発展のために、ぜひ実現にこぎつけたい」との発言した[11]
  • 2008年4月16日、在日本韓国青年会や労働組合などでつくる市民団体が開催した住外国人の地方参政権を求める緊急集会に参加し、「少子高齢化社会が到来するいま、永住外国人の皆さんと力を合わせて頑張りたい」と呼び掛けた。
  • 2008年5月30日、民団栃木県本部で末松義規と共に講演し、「皆さんの参政権獲得の思いを、これまで以上に政治家の出身選挙区でぶつけることが獲得への近道だ」と呼びかけている。また「帰化推進」策については、「参政権と同列に扱う問題ではない」とした上で、「帰化しない者に対する新たな差別が起きる。帰化するかしないかを踏み絵にすべきではない」と一蹴した[12]
  • 2009年5月31日円より子魚住裕一郎塩川鉄也有田芳生と共に「永住外国人に地方参政権を!5・31集会」に参加し、外国人参政権付与を訴えた[13]
  • 2009年9月17日、在日本大韓民国民団大阪本部が主催する当選祝賀懇親会に川上義博と共に参加。「2010年の通常国会で外国人参政権を実現させる」と約束した[14]
  • 2009年10月29日、在日本大韓民国婦人会中央本部創立60周年記念式典に参加し、「なんとしてでも早期に実現するよう努力することを約束する。」と発言した[15]
  • 2009年11月26日、衆議院第1議員会館で、在日本大韓民国青年会や在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人の地方参政権法案の早期立法化を求める11・26緊急院内集会」に参加し、在日外国人の参政権法案を早期に成立させる決意表明をした[16]
  • 2009年11月28日、在日韓国青年会OB全国連絡会の講演で地方参政権の今後の動向について「一番の問題点は、外国人に対する地方参政権付与が国益に反するか否かだ。日本社会には60人に1人の割合で外国人が居住しており、地域住民として受け入れていかなければ、日本の未来はない」と発言した。また、「在日韓国人が韓国の国政参政権と日本の地方参政権を有しても矛盾することはない。海外に居住する日本人で同じケースがある」と指摘した[17]
  • 2010年1月30日、新宿で開催された東京慶尚北道道民会に出席し「地方参政権法案が実現するよう全力を尽くす」と韓国語であいさつした[18]
  • 2011年8月15日、民団東京本部が開催した第66回光復節慶祝中央記念式典に参加し、「日韓両国は本当に近い関係であり、今後もさらに絆を深めていく関係だ。東日本大震災での民団の救援活動には大変感謝している。民団の活動は隣人を少しでも救いたいという心があったからだ。共に生きていく住民としての権利、地方参政権を必ず実現させるべきだ」と訴えた[19]
  • 2016年7月21日、参議院選挙後のインタビューで「私は永住外国人の地方参政権を諦めていない。今後もその実現のために信念をもって取り組んでいく。」と回答した。[20]

韓国・朝鮮人遺骨調査返還事業[編集]

  • 2010年10月7日、衆議院第2議員会館で開催された「韓国・朝鮮の遺族とともに遺骨問題の解決へ全国連絡会(代表:上杉聰)」に参加し、「(日本国は朝鮮半島に対する植民地支配の)責任を認め、(問題解決の)早期実現に全力でとりくむ」ことを求める決議を採択する[21]

選択的夫婦別姓制度[編集]

選択的夫婦別姓制度について2010年の毎日新聞でのアンケートでは「反対」[22]、読売新聞のアンケートでは「やや反対」[23]、と答えている。

東京地方裁判所への提訴[編集]

2010年6月21日東京地方裁判所に対して「インターネット上における悪質な虚偽ないし誹謗中傷による名誉毀損」を受けたとして、発信者情報の開示と蒙った精神的損害の請求を求める提訴を行った。同時に、警察への告発を含めた刑事責任の追及を進めていることも明らかにした[24]

安全保障政策[編集]

2015年8月5日の参院平和安全法制特別委員会で原発再稼働と核開発を関連づけて「原発再稼働をする安倍晋三政権は核抑止力を持ちたいのか」と質問し、また、自衛隊の海外派遣に際しては、武器・弾薬の輸送を民間会社に任せるべきだと主張した[25]

これまでの提出法案[編集]

2004年に当選以降、これまで共同による法案提出が4回ある。いずれも野党時代のものであり審議未了ないし本会議否決となっている。

第22回参議院議員通常選挙[編集]

第22回参議院議員通常選挙が公示された2010年6月24日、新宿駅小田急百貨店前に於けるたちあがれ日本街頭演説開始数分後、白眞勲陣営の宣伝カーが100メートルも離れていない京王百貨店前位置に止まり、演説を始めたため演説を終えた与謝野馨から「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と抗議を受けた[28]。白陣営の民主党・末松義規衆院議員は「公道でやって何が悪い。(聴衆の)動員をかけているのに、どけと言うのか」といい拒否。末松義規はこれに抗議した与謝野の胸ぐらを掴むなどし激しい口論に発展した[29]。また、白陣営は同席していた石原慎太郎都知事地方参政権付与に反対の演説をすると大声で抗議をおこない、石原は「うるせえな、お前ら。どこの何人だ。日本人ならルールを守れ」と激怒した[30][31]。たちあがれ日本比例代表の中畑清は「アスリートとして、モラルのない行動は許せない。腹が立ちました!」と批判した[32]

これに対して、白眞勲陣営の選挙対策本部長を務める末松義規は、「(たちあがれ日本の)代表の演説が終わるまでは待ったが、我々も支持者を待たせていたので、仕方なく演説を始めた。私も長年選挙戦を戦っているが、最初と最後は乱立する。演説をやっているところであとから始めるのは何度もあった」と反論している[33](実際には日本共産党・たちあがれ日本・公明党の順で街頭演説をすることになっていた[29])。

第24回参議院議員通常選挙[編集]

2016年に執行された第24回参議院議員通常選挙で比例区において3選[34]。関東・北日本を中心に大きく得票数を伸ばし、前回選挙よりも得票数を25,427票増やした。特に青森県では得票数が倍増した[35]

所属団体・議員連盟[編集]

家族[編集]

  • 韓国人である父方の祖父は、父と日本人の母との結婚を最後まで反対していたため、白が祖父に初めて会ったのは祖父がこの世を去る3時間前だったという[4]

出演番組[編集]

著作[編集]

図書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般的な慣習では「ペク・チンフン」もしくは連音化して「ペク・チヌン」となるところである。
  2. ^ 日本国籍取得し政治家になった白眞勲議員 聯合ニュース(2007/09/19)
  3. ^ a b c d e f 野田第三次改造内閣 副大臣名簿”. 首相官邸. 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ a b 李信恵; 山口幸治 (2010年7月13日). “参院選・韓国系の白真勲氏の再選が話題に−韓国メディア”. サーチナ (モーニングスター). オリジナル2010年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100714215754/http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0713&f=politics_0713_001.shtml 2016年3月17日閲覧。 
  5. ^ 第20回参議院選挙で本会推薦候補28人が当選”. 立正佼成会 (2004年7月11日). 2010年6月25日閲覧。
  6. ^ 白眞勲 参院選2010”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  7. ^ “「地方参政権」へ邁進 初当選の白真勲氏(04.7.14)”. 民団新聞 (在日本大韓民国民団). (2007年7月14日). http://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2010/20100420m.asp 2016–06-09閲覧。 
  8. ^ 参議院憲法調査会議事録(関係部分抜粋)
  9. ^ 日本国籍取得し政治家になった白眞勲議員 YONHAP NEWS
  10. ^ 地方参政権法案提出へ 民主党議員公開講座 民団新聞
  11. ^ 逆境克服へ共に尽力 民団、就任祝賀宴で誓う 民団新聞
  12. ^ 民主党2議員招き講演会 栃木民団と韓商 民団新聞
  13. ^ 永住外国人に地方参政権求め集会 在日本大韓民国民団東京本部
  14. ^ <参政権>推進議員固め着実に 新人中心に念押し 民団新聞
  15. ^ <婦人会60周年式典>賢母の精神 さらに高く 民団新聞
  16. ^ フォーラム平和・人権・環境 『永住外国人の地方参政権法案の早期立法化を求める緊急院内集会』[1]
  17. ^ 白眞勲議員招く 青年会OB連が講演会 民団新聞
  18. ^ 統一日報 : 各地道民会、多彩な新年会
  19. ^ <第66回光復節>「在外選挙」に積極対応…各地民団決議 民団新聞 2011.8.31
  20. ^ 統一日報 2016年07月21日 14:49 国民と距離感をどう縮めて行くか 白眞勲参議院議員インタビュー [2]
  21. ^ 「韓国・朝鮮の遺族とともに」全国連絡会遺族招へい行動・第3回証言集会|集会等の報告|フォーラム平和・人権・環境 [3]
  22. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  23. ^ 「2010年参院選 各党候補者アンケート」 読売新聞
  24. ^ 白しんくんホームページ [4]
  25. ^ 産経新聞 2015.8.5 17:31 原発再稼働は核保有のため? 民主・白氏、トンデモ質問連発[5]
  26. ^ 「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の一部を改正する法律案要綱」[6]
  27. ^ 「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の規定は在外被爆者等に適用があることを明らかにし、国外からの被爆者健康手帳の申請、原爆症の認定の申請、医療費及び一般疾病医療費の申請、各種手当の申請等並びに死亡した在外被爆者に係る葬祭料の申請を行うことができるようにするとともに、あわせて、在外被爆者に対する健康診断の実施、在外被爆者の保健、医療及び福祉に関する事業の実施等について定めようとするもの」[7]
  28. ^ “石原都知事が激怒、演説中の「白眞勲コール」に「日本人ならルールを守れ!」”. 産経新聞. (2010年6月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100624/elc1006241438032-n1.htm 2010年6月24日閲覧。 
  29. ^ a b “たちあがれ、演説ルールめぐり民主と衝突…参院選公示”. スポーツ報知. (2010年6月25日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100625-OHT1T00084.htm 2010年6月25日閲覧。 
  30. ^ (flash) たちあがれ日本VS民主 白眞勲@新宿西口. やまと新聞社.. 該当時間: 1分11秒. http://www.youtube.com/watch?v=APlyq__le7I 2010年6月26日閲覧。 
  31. ^ “参院選:民主、たちあがれ日本陣営がののしり合い 東京”. 毎日新聞. (2010年6月24日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100625k0000m010053000c.html 2010年6月25日閲覧。 
  32. ^ “中畑清候補「モラルのない行動は許せない」…参院選公示”. スポーツ報知. (2010年6月25日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100625-OHT1T00082.htm 2010年6月26日閲覧。 
  33. ^ “たち日VS民主応援演説新宿駅前ニアミス、民主側が反論”. 産経新聞. (2010年6月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100624/elc1006241646035-n1.htm 2010年6月26日閲覧。 
  34. ^ 白眞勲 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  35. ^ 総務省 (2016年7月19日). “第24回参議院議員通常選挙結果調 都道府県別党派別名簿登載者別得票数(比例代表)民進党”. http://www.soumu.go.jp/main_content/000430617.xls 2016年8月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]