矢野俊比古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢野 俊比古(やの としひこ、1924年大正13年)1月1日[1] - 2013年平成25年)11月30日)は、昭和から平成期の政治家、通産官僚自由民主党参議院議員(1期)。

経歴[編集]

東京市神田区(現東京都千代田区神田[1])出身。府立四中[2]一高を経て、1948年(昭和23年)東京大学法学部政治学科卒[1][3]

同年商工省入省[1][3]。同年入省者には、岸田文武生田豊朗金森久雄、熊谷善二(特許庁長官)、黒田四郎(名古屋通産局長)などがいる。基礎産業局長、産業政策局長を経て、1980年(昭和55年)通商産業事務次官に就任する[1]。1981年(昭和56年)6月に退官し、参議院議員選挙に備えた[1]1983年(昭和58年)の第13回参議院議員通常選挙比例区から自民党公認で立候補して当選した[3][4]1989年(平成元年)の第15回通常選挙(比例区)で落選した[5]

1990年(平成2年)から1996年(平成8年)まで東京中小企業投資育成社長を務め[1]1991年(平成3年)に日本コンベンションセンター社長に就任した[1]

2013年11月30日肺炎により死去。89歳没[6]

著書・監訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 現代政治家人名事典』550頁。
  2. ^ 昭和16年卒 同期会(岩野先生近影付)報告 城北会
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』430頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』556頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』561頁。
  6. ^ 矢野俊比古氏が死去 元参院議員、元通産事務次官”. 日本経済新聞 電子版 (2013年12月5日). 2019年7月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


議会
先代
夏目忠雄
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長 次代
川原新次郎
官職
先代
濃野滋
日本の旗 通商産業事務次官
1980年 - 1981年
次代
藤原一郎
先代
濃野滋
日本の旗 通商産業省産業政策局長
1978年 - 1980年
次代
宮本四郎
先代
西山敬次郎
日本の旗 通商産業省貿易局長
1978年
次代
水野上晃章
先代
橋本利一
日本の旗 通商産業省通商政策局長
1976年 - 1978年
次代
宮本四郎
先代
飯塚史郎
日本の旗 通商産業省基礎産業局長
1976年
次代
宮本四郎