堀江正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀江 正夫
ほりえ まさお
生年月日 (1915-06-16) 1915年6月16日
出生地 日本の旗 日本 新潟県
没年月日 (2022-03-20) 2022年3月20日(106歳没)
出身校 陸軍大学校
前職 陸上自衛隊隊員
所属政党 自由民主党
称号 正四位
勲二等旭日重光章
JPN Kyokujitsu-sho 2Class BAR.svg
配偶者 堀江泰子

選挙区全国区→)
比例区
当選回数 2回
在任期間 1977年7月10日 - 1989年7月9日
テンプレートを表示
堀江 正夫
生誕 (1915-06-16) 1915年6月16日
日本の旗 日本 新潟県
死没 (2022-03-20) 2022年3月20日(106歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1937 - 1945(日本陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1973(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―少佐.svg 陸軍少佐(日本陸軍)
JGSDF Lieutenant General insignia (a).svg 陸将(陸自)
除隊後 自由民主党参議院議員
テンプレートを表示

堀江 正夫(ほりえ まさお、1915年大正4年〉6月16日 - 2022年令和4年〉3月20日[1])は、日本陸軍軍人、陸上自衛官政治家参議院議員(2期)。位階勲等正四位勲二等。

来歴・人物[編集]

新潟県出身[2]水産学校校長堀江英一の次男として生まれた。糸魚川中学東京陸軍幼年学校(34期)、陸士予科を経て、陸軍士官学校を卒業(50期)。旧軍時代は歩兵科士官で、太平洋戦争中に陸軍大学校を卒業し(57期)、第18軍参謀としてパプアニューギニアで終戦を迎えた[3]

終戦後、1946年(昭和21年)3月に復員し、妻の郷里宮崎県日南市で林業に従事した[2]後、警察予備隊及び保安隊を経て陸上自衛隊で勤務。西部方面総監(陸将)を最後に退官した[4]

退官後は参議院議員を2期務めた[5]。当選にあたり、妻が料理研究家の堀江泰子で知名度があったことも影響したと指摘がある[4][6]。議員在任中、参議院安全保障特別委員長、同沖縄及び北方問題に関する特別委員長、同外務委員長、参議院自由民衆党政審安全保障特別委員長、自民党国防部会副部会長等国防三部会副会長などを務めた[5]

1989年(平成元年)秋の叙勲で勲二等旭日重光章を受章[7]

2019年には、100歳を超えてなお健康な正夫の食事や体操を紹介した本が出版された[8]

2022年(令和4年)3月20日、老衰のため死去した。106歳没[9]。死没日付で、正四位に叙された(従六位から進階)[10]

家族[編集]

妻で料理研究家の堀江泰子は日南市飫肥の多額納税者で貴族院議員高橋源次郎(資産家の娘婿で宮崎農工銀行頭取[11])の孫で、料理研究家の草分け河野貞子の助手としてNHKの「きょうの料理」に出演、その後同番組の講師となり活躍、2017年に94歳で亡くなった[12][13]。その生家「高橋家住宅」は国の登録有形文化財として保存公開されている[14]

兄の堀江文彦海軍機関学校卒の元海将(第13代舞鶴地方総監)。娘に料理研究家の堀江ひろ子、孫に同じく料理研究家のほりえさわこがいる[6][15]

主要軍歴[編集]

政歴[編集]

その他役職[編集]

著作[編集]

  • 『堀江正夫闘魂の詩 - 元自衛官の手記』朝雲新聞社、1977年。
  • 『日本の防衛私はこう考える』並木書房、1981年。
  • 『留魂の詩 - 東部ニューギニア戦記』朝雲新聞社、1982年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Masao Horie” (英語). Gerontology Wiki. 2022年3月29日閲覧。
  2. ^ a b c d "百歳を生きて" 堀江正夫先生 講演会”. 在京日南の会 (2015年11月11日). 2016年6月4日閲覧。
  3. ^ ずっとおいしく食べたい 104歳堀江さんの長寿豆毎日新聞、2020年4月26日
  4. ^ a b 『東京陸軍幼年学校史 わが武寮』東幼会、1982年、 p.612
  5. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』404頁。
  6. ^ a b 料理研究家の堀江泰子さん死去、94歳” (日本語). SANSPO.COM (2017年3月4日). 2020年8月18日閲覧。
  7. ^ 『官報』号外第155号1頁 平成元年11月4日
  8. ^ 104歳スーパー「ひいじい」が毎日食べている秘伝の長寿食とは?主婦の友社プレスリリース、2019年12月25日
  9. ^ 堀江正夫氏死去 元自民党参院議員 - 時事ドットコム 2022年3月25日
  10. ^ 『官報』第719号11頁 令和4年4月20日
  11. ^ 高橋源次郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  12. ^ 堀江泰子名誉顧問・元会長告別式在京日南の会
  13. ^ 『きょうの料理』料理研究家:堀江泰子さん、堀江ひろ子さん、ほりえさわこさんNHK
  14. ^ 高橋家住宅(旧高橋源次郎家) 日南市観光協会
  15. ^ 堀江正夫氏死去 元自民党参院議員 2022年3月5日
  16. ^ 『官報』(昭和27年9月26日・本紙第7717号)

参考文献[編集]

  • 官報
  • 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社、1971年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • NHK BS1スペシャル 「遺された“戦争”~残留日本兵 横井庄一~」2022年4月3日放送。

外部リンク[編集]

議会
先代:
森山眞弓
日本の旗 参議院外務委員長
1988年 - 1989年
次代:
山東昭子
先代:
板垣正
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長 次代:
夏目忠雄
その他の役職
先代:
上妻正康
西部方面総監
第9代:1972年 - 1973年
次代:
中島直臣