天坊裕彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天坊 裕彦(てんぼう ひろひこ、1907年明治40年)1月7日[1] - 1984年昭和59年)8月23日[2])は、日本の鉄道官僚政治家日本国有鉄道副総裁、参議院議員

経歴[編集]

京都府で天坊幸彦の長男として生まれる[1]第三高等学校を経て、1929年3月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業[1]1928年10月、高等試験行政科試験に合格[1][3]。1929年4月、鉄道省に入省して鉄道属に任官し大臣官房に配属された[1]

以後、松阪駅長、大阪鉄道局庶務課文書掛長、鉄道省事務官中支那派遣軍特務部附、興亜院事務官、鉄道局参事、鉄道調査部書記官・鉄道調査部第一課長、業務局事業課長、運輸通信省自動車局業務部監理第三課長、華中鉄道参事、運輸省鉄道総局勤務、北海海運局長、運輸省大臣官房長、大阪鉄道局長などを歴任[1]1949年6月、日本国有鉄道の発足に伴い同理事・大阪鉄道局長に就任[1]。運輸総支配人を経て、1951年8月、副総裁となり1956年1月まで在任した[1]

1956年7月、第4回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選[2]第6回通常選挙でも再選され、参議院議員を連続二期務めた[2]。この間、参議院地方行政委員長、同運輸委員長、日本トラック協会会長[2]阪神高速道路公団理事長[4]などを務めた。

このほか、1956年から1963年までの間と、1970年から1981年までの間、鉄道友の会の第2代・第4代会長を務めた[5]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』158頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』361頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』275頁。
  4. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』408頁。
  5. ^ 鉄道友の会は「島秀雄記念優秀著作賞」を新設します (PDF) - 鉄道友の会、p.2

参考文献[編集]

  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。