岡三郎 (参議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡 三郎(おか さぶろう、1914年3月5日[1] - 1999年2月16日[1])は、日本の政治家。日本社会党参議院議員(3期)。日本教職員組合中央執行委員長。

経歴[編集]

山梨県出身。1933年山梨師範学校卒[2]。山梨、神奈川の両県の小学校で教鞭を執った[1]。戦後、教職員組合の結成に参加、神奈川教職員組合副委員長[1]、日本教職員組合副委員長[2]、同委員長となる[2]1953年第3回参議院議員通常選挙で左派社会党から全国区に立候補して当選する。以来3回。国会内では参議院社会労働、文教、建設の各委員長を務め[2]、党内では中央執行委員、神奈川県本部委員長などを歴任した[2]1965年第7回参議院議員通常選挙から神奈川地方区に転じた。1971年第9回参議院議員通常選挙には出馬せず引退した。1999年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』124頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 参議院議員名鑑』272頁。

参考文献[編集]