吉田実 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 実(よしだ みのる、1910年3月19日 - 1982年11月16日)は、日本政治家。公選3人目の富山県知事(4期)で、旧大島村長(現・射水市)。富山県販購農業協同連合会会長、全国販売農協連合会専務理事、富山県農業協同組合中央会長なども務めている。また、衆議院議員参議院議員も歴任した。勲二等に叙せられ、旭日重光章を受章、正四位に叙されている。子の吉田力は大島町長となった。

来歴・人物[編集]

1910年3月19日、富山県大島村(現・射水市)に生まれる。1947年、37歳にして、大島村長になる。

1956年、公選3人目の富山県知事となり、以降4期務めた。その間、立山黒部アルペンルートの開通や、富山新港の開港、太閤山住宅団地の開発を行った。

1969年衆議院議員(旧富山2区)に転じ、1974年には参議院議員(富山県選挙区)となる。その間、各種特別委員長を歴任した。これらの功労により1982年春、勲二等に叙せられ、旭日重光章を授けられる。また、秋には正四位に叙されている。同年11月16日、東京で72歳で死去した。

1986年11月、吉田実顕彰会によって、太閤山住宅団地の外れに銅像が立てられた。

関連項目[編集]