三木治朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三木 治朗みき じろう1885年(明治18年)4月16日 - 1963年(昭和38年)7月18日)は、日本政治家労働運動家参議院副議長

経歴[編集]

神奈川県出身。小学校卒業後丁稚奉公の後、海軍工廠、池上鉄工所の工員経て、1913年友愛会に入り、北海道に渡り室蘭日本製鋼所に勤める。同時に友愛会室蘭支部を結成する。その後上京し、労働運動に携わる。戦後、日本社会党に入り、1947年の第1回参議院議員通常選挙で神奈川県から立候補して当選。1950年に参議院副議長に就任する。参議院議員を2期務め、1959年に引退。

参考文献[編集]

議会
先代:
松嶋喜作
日本の旗 参議院副議長
第3代:1950年 - 1953年
次代:
重宗雄三

外部リンク[編集]