笹森順造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
笹森 順造
ささもり じゅんぞう
Sasamori Junzo.jpg
生年月日 1886年5月18日
出生地 青森県弘前若党町(現・弘前市
没年月日 (1976-02-13) 1976年2月13日(満89歳没)
死没地 東京都
出身校 早稲田大学政治経済科卒業
デンバー大学大学院修了
前職 東奥義塾塾長
青山学院院長
所属政党 無所属→)
国民党→)
国民協同党→)
改進党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等瑞宝章
Ph.D.
剣道範士
全日本剣道連盟剣道殿堂顕彰
小野派一刀流第16代宗家
配偶者 笹森壽

内閣 片山内閣
在任期間 1948年2月1日 - 3月10日

内閣 片山内閣
在任期間 1947年6月1日 - 10月15日

内閣 片山内閣
在任期間 1947年5月24日 - 1948年3月10日

当選回数 3回
在任期間 1953年5月3日 -

選挙区 青森全区
当選回数 4回
在任期間 1947年 -
テンプレートを表示

笹森 順造(ささもり じゅんぞう、1886年明治19年)5月18日 - 1976年昭和51年)2月13日)は、日本政治家教育者剣道家位階勲等正三位勲一等瑞宝章称号政治学士剣道範士

東奥義塾塾長、青山学院院長、衆議院議員(4期)、参議院議員(3期)、復員庁総裁賠償庁長官全日本剣道連盟最高顧問などを歴任した。

経歴[編集]

青年期[編集]

青森県弘前若党町(現・弘前市)に、旧弘前藩藩士・笹森要蔵の六男として誕生。8歳で北辰堂道場に入門し小野派一刀流剣術を学ぶ。14歳のときキリスト教洗礼を受ける。

1910年早稲田大学政治経済科を卒業後、雑誌『新公論』記者を経て、1912年渡米し、コロラド州デンバー大学大学院修了南加州日本人会書記長を務めた。

教育[編集]

1922年、再興された東奥義塾に塾長として迎えられ、18年間勤務。1939年からは青山学院院長を4年間務めた。

政治[編集]

第二次世界大戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙青森県全県区から無所属で出馬し、トップ当選を果たす。以降連続当選4回。院内交渉団体新政会をまとめ、国民党を結成。同党は1947年協同民主党と合併し国民協同党となり、笹森は代議士会会長となった。同年発足の片山内閣国務大臣として入閣し、復員庁総裁(1947年)、賠償庁長官(1948年)を務め、シベリア抑留日本人の早期帰還や、アメリカの賠償請求権問題などの解決に尽力した。

その後、改進党を経て自由民主党に所属。1953年衆議院総選挙では落選するが、同年の参議院補欠選挙にて返り咲く。以降参院当選3回。自民党では両院議員総会会長や党紀委員長等を歴任した。1968年参院選で新人の山崎竜男に敗れ、政界を引退した。世界連邦運動の推進団体・世界連邦日本国会委員会第4代会長も務めた。

剣道[編集]

弘前藩に伝わっていた小野派一刀流剣術北辰堂道場で学んだ後、早稲田大学の剣道部で高野佐三郎中西派一刀流)に師事した。のちに小野派一刀流第16代宗家となり、林崎新夢想流居合直元流大長刀術も伝承した。

第二次世界大戦後の連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による剣道禁止期は、全日本撓競技連盟を設立し会長を務めた。1954年、全日本撓競技連盟は全日本剣道連盟(会長木村篤太郎)と合併し、笹森は全日本剣道連盟最高顧問に就任した。

親族[編集]

年譜[編集]

著書[編集]

  • 『This is Kendo: The Art of Japanese Fencing』Tuttle Publishing(1964年
  • 『一刀流極意』一刀流極意刊行会(1965年
  • 『闘戦経釈義』一刀流極意刊行会(1973年

参考文献[編集]

  • 冨本岩雄『唐変木』国際平和産業界(1961年

外部リンク[編集]

公職
先代:
発足
日本の旗 賠償庁長官
1948年
次代:
船田享二
先代:
幣原喜重郎
日本の旗 復員庁総裁
1947年
次代:
廃止