楠美省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

楠美 省吾(くすみ せいご、1905年9月1980年1月13日)は、日本の政治家、衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

青森県出身。1925年、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一高等学校)卒。同年旧制弘前高等学校入学。1931年東北帝国大学法律科卒。翌年満洲国大同学院卒。卒業後は満洲国に勤務する。1942年翼賛選挙では郷里の青森県から非推薦で立候補して当選した。戦後、公職追放となり、追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙青森2区から改進党公認で立候補したが落選、翌年の第26回衆議院議員総選挙で当選した。石橋、第1次岸内閣で行政管理政務次官に就任した。1958年第28回衆議院議員総選挙で落選、その後も続けて立候補したが当選することはなかった。1980年死去。

この他日産サニー弘前販売(株)社長を務めた。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。