第1次岸内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第1次岸内閣
1st Kishi Cabinet.jpg
内閣総理大臣 第56代 岸信介
成立年月日 1957年(昭和32年)2月25日
終了年月日 同年7月10日
テンプレートを表示

第1次岸内閣(だいいちじきしないかく)は、岸信介が第56代内閣総理大臣に任命され、1957年(昭和32年)2月25日から同年7月10日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

石橋内閣発足から間もない1957年(昭和32年)の年明けに内閣総理大臣石橋湛山が体調を崩し、脳軟化症と診断されて療養に入った。通常国会の審議に出席不能となったことを受けて1月に外務大臣岸信介内閣総理大臣臨時代理に就任。2月に石橋内閣総辞職したことに伴い、そのまま岸が首班指名を受けて組閣した。

外務大臣は岸が兼任し、石橋内閣の閣僚をそのまま引き継いだ居抜き内閣である。後に1956年12月自由民主党総裁選挙で石橋、岸と争った石井光次郎副総理格として入閣させた。

石橋の辞任に伴い3月に形式的に1957年自由民主党総裁選挙が行われたが、すでに岸内閣発足後であり、実態は単なる信任投票であった。

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣
外務大臣
Nobusuke Kishi 01.jpg 岸信介 衆議院
自由民主党
自由民主党総裁
国務大臣 Mitsujiro Ishii.jpg 石井光次郎 衆議院
自由民主党
内閣総理大臣臨時代理副総理 5月20日就任
法務大臣 Replace this image JA.svg 中村梅吉 衆議院
自由民主党
大蔵大臣 Hayato Ikeda.jpg 池田勇人 衆議院
自由民主党
文部大臣 灘尾弘吉 銅像02.JPG 灘尾弘吉 衆議院
自由民主党
厚生大臣 Replace this image JA.svg 神田博 衆議院
自由民主党
農林大臣 Replace this image JA.svg 井出一太郎 衆議院
自由民主党
通商産業大臣 Mikio Mizuta.jpg 水田三喜男 衆議院
自由民主党
運輸大臣 Replace this image JA.svg 宮沢胤勇 衆議院
自由民主党
郵政大臣 Replace this image JA.svg 平井太郎 参議院
自由民主党
労働大臣 Replace this image JA.svg 松浦周太郎 衆議院
自由民主党
建設大臣 Replace this image JA.svg 南条徳男 衆議院
自由民主党
首都圏整備委員会委員長
行政管理庁長官
国家公安委員会委員長
Replace this image JA.svg 大久保留次郎 衆議院
自由民主党
北海道開発庁長官 Replace this image JA.svg 川村松助 参議院
自由民主党
Replace this image JA.svg 鹿島守之助 参議院
自由民主党
自治庁長官 Replace this image JA.svg 田中伊三次 衆議院
自由民主党
防衛庁長官 Replace this image JA.svg 小瀧彬 参議院
自由民主党
経済企画庁長官
科学技術庁長官
Replace this image JA.svg 宇田耕一 衆議院
自由民主党
原子力委員会委員長
内閣官房長官 Hirohide Ishida.jpg 石田博英 衆議院
自由民主党

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

政務次官[編集]

石橋内閣の政務次官がそのまま留任。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]