竹内黎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
竹内黎一
たけうち れいいち
生年月日 (1926-08-18) 1926年8月18日
出生地 日本の旗 青森県黒石市
没年月日 (2015-09-05) 2015年9月5日(満89歳没)
死没地 日本の旗 青森県弘前市
出身校 東京大学経済学部
前職 毎日新聞社記者
所属政党 無所属→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
親族 父・竹内俊吉(元青森県知事

内閣 第2次中曽根第1次改造内閣
在任期間 1984年11月1日 - 1985年12月28日

選挙区 旧青森2区
当選回数 10回
在任期間 1963年11月22日 - 1990年1月24日
1993年7月18日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

竹内 黎一(たけうち れいいち、1926年8月18日 - 2015年9月5日)は、日本政治家勲章勲一等旭日大綬章

衆議院議員(10期)、科学技術庁長官第38代)、原子力委員会委員長(第38代)、衆議院外務委員長環境委員長等を歴任した。

父は青森県知事衆議院議員を務めた竹内俊吉[1]

概要[編集]

青森県黒石市生まれ。旧制青森中学校旧制弘前高等学校東京大学経済学部卒業。東大卒業後、毎日新聞社に入社。毎日新聞の政治記者、運輸大臣秘書官を経て、1963年第33回衆議院議員総選挙に、青森県知事に転身した父・俊吉に代わって旧青森2区(定数3)から無所属で出馬し、得票数トップで初当選した(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄佐藤孝行藤尾正行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔奥野誠亮らがいる)。

当選後、自由民主党に入党し、元外務大臣藤山愛一郎が率いる愛正会に入会。その後、藤山派が解体した後も藤山の傍らに寄り添い、1976年に藤山が引退するまで「最後の藤山派議員」を貫き通した。その後は無派閥を経て、木曜クラブに入会。外務政務次官経済企画政務次官を経て1984年第2次中曽根第1次改造内閣科学技術庁長官に任命され、初入閣した。

1990年第39回衆議院議員総選挙では、旧青森2区から自民党公認で出馬したが、次点で落選した。1993年第40回衆議院議員総選挙には再び旧青森2区から自民党公認で出馬し、返り咲いた。1996年第41回衆議院議員総選挙では、比例東北ブロック単独で自民党から出馬したが落選し、政界を引退した。2000年勲一等旭日大綬章を受章。

2015年9月5日弘前市内の病院で多臓器不全のため死去[2]。89歳没。叙正三位[3]

脚注[編集]


公職
先代:
岩動道行
日本の旗 科学技術庁長官
第38代:1984年 -1985年
次代:
河野洋平