後藤正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 正夫(ごとう まさお、1913年6月18日 - 2000年1月29日)は、日本政治家統計学者。参議院議員(3期)、法務大臣第50代)を歴任した。勲章は勲一等瑞宝章

父は元内務大臣後藤文夫

来歴[編集]

大分県大分市生まれ。旧制横浜高等工業学校(現横浜国立大学)卒業。三菱鉱業(現三菱マテリアル)の技師、内閣技術院参技官、内閣調査局調査官、宮城県職員、内閣統計委員会事務局基準課長、行政管理庁統計基準部企画課長等を経て、1959年行政管理庁統計基準局長に就任。1967年の退官まで務める。

退官後、1968年から8年間、大分大学学長を務める。1976年参議院大分県選挙区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、初当選。以後、参議院議員を3期務める。

1989年第1次海部内閣法務大臣に任命され、初入閣を果たした。在任中、1人の死刑囚に対し死刑執行を命令した。1991年国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律の審議のために設置された参議院国際平和協力等に関する特別委員会において委員長に就任。しかし「憲法との問題から見て、かなり無理をしているところがある」と言い残し、心労を理由に同年12月6日に委員長を辞任した。1992年第16回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退した。

2000年1月29日死去。享年86。従三位

エピソード[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ OR昔ばなし 『オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学』 42(6), P435-439, 1997-06-01


議会
先代:
設置
日本の旗 参議院国際平和協力等に関する特別委員長
1991年
次代:
下条進一郎
先代:
増田盛
日本の旗 参議院外務委員長
1983年 - 1984年
次代:
平井卓志
先代:
永野嚴雄
日本の旗 参議院地方行政委員長
1979年 - 1980年
次代:
亀長友義
公職
先代:
谷川和穗
日本の旗 法務大臣
第50代:1989年 - 1990年
次代:
長谷川信