永野茂門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永野 茂門
生誕 (1922-06-28) 1922年6月28日
日本の旗 日本 大分県
死没 (2010-01-04) 2010年1月4日(87歳没)
日本の旗 日本 神奈川県川崎市川崎区
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1941 - 1945(日本陸軍)
1951 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1980(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―大尉.svg 陸軍大尉(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将(陸自)
除隊後 政治家(1986年-1998年)
自由民主党→)
新生党→)
新進党→)
自由党
テンプレートを表示

永野 茂門(ながの しげと、1922年(大正11年)6月28日 - 2010年(平成22年)1月4日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官。退官後は参議院議員(2期)を務めた。栄典従三位勲二等旭日重光章

来歴・人物[編集]

大分県出身。大分中学校(現:大分県立大分上野丘高等学校)、広島陸軍幼年学校陸軍士官学校予科を経て、1941年7月に陸軍士官学校を卒業(第55期)し陸軍将校となる。終戦時は陸軍大尉

戦後、陸上自衛隊に入隊し通信科出身ながら陸上幕僚長となるも、1980年宮永スパイ事件の責を取る形で時の防衛庁長官久保田円次とともに辞任。辞任後の1986年第14回参議院議員通常選挙自由民主党公認で比例区から出馬し、名簿順位は25名中21位だったが、自民党の大勝により当選した(22位までが当選)[1]第2次海部内閣科学技術政務次官に就任。

1992年第16回参議院議員通常選挙(比例区)で当選。同年に起きた東京佐川急便事件竹下派が分裂し坂野重信青木幹雄藤井孝男などの参院幹部が小渕恵三支持に回ったのに対し、永野は同じ自衛官出身の田村秀昭、同年の参院選で当選した北澤俊美らとともに改革フォーラム21(羽田派)に参加。1993年、自民党を離党し、新生党結党に参加する。

1994年4月、細川護煕首相の突然の辞任を受け、新生党党首の羽田孜内閣総理大臣に就任し、羽田内閣法務大臣に任命される。この際、陸上幕僚長を経験した職業自衛官出身の大臣の誕生に対し、文民統制の観点から異議を唱える声も一部から上がった。法相就任直後、毎日新聞インタビューにおいて「私は、あの直後に南京に行っている。南京大虐殺はでっち上げだと思う」と発言。事実上更迭される形で在任わずか11日で法務大臣を辞任した(戦後大臣通算在任記録では、2007年遠藤武彦農林水産大臣の在任が8日間となるまで、同じ法務大臣を1988年暮れに4日間で辞任した長谷川峻に次ぐ最短記録である)。法相在任期間が短かったため、死刑執行起案書はまわってこなかった。

その後新進党自由党を経て、1998年第18回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退した。

2010年1月4日、肺炎のため神奈川県川崎市川崎区の病院で死去[2]。87歳だった。

脚注[編集]

  1. ^ “自衛隊 第三部 選挙と政治 1.消えた『制服組』 募る不信漂う100万票”. 東京新聞. (2004年6月19日) 
  2. ^ “永野茂門氏死去 元法相、元陸上幕僚長”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年1月4日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010401000753.html 2013年3月1日閲覧。 

関連項目[編集]

議会
先代:
井上計
日本の旗 参議院懲罰委員長
1995年 - 1996年
次代:
吉田之久
公職
先代:
三ヶ月章
日本の旗 法務大臣
第57代:1994年
次代:
中井洽