野田哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野田 哲
のだ さとし
生年月日 (1926-01-10) 1926年1月10日
出生地 日本の旗 岡山県
没年月日 (2017-10-21) 2017年10月21日(91歳没)
出身校 岡山県立笠岡商業高等学校
前職 地方公務員 (福山市)
所属政党 日本社会党

選挙区 (全国区→)
比例区
当選回数 3回
在任期間 1974年7月7日 - 1992年7月7日
テンプレートを表示

野田 哲(のだ さとし、1926年1月10日 - 2017年10月21日[1])は、日本の元政治家。元日本社会党参議院議員(3期)。

経歴[編集]

岡山県出身。1942年笠岡商卒。福山市役所に入り、労働組合で活動し、自治労広島県委員長、自治労中央本部組織部長、副委員長などを経て、1974年第10回参議院議員通常選挙全国区から日本社会党公認で立候補して当選。3期務める。国会内では決算、地方行政の各委員長を歴任、党内では参議院国会対策委員長などを務めた。1992年第16回参議院議員通常選挙に出馬せず引退した。

脚注[編集]

  1. ^ 元社会党参院議員の野田哲さん死去”. 朝日新聞 (2017年10月22日). 2017年10月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。