鈴木文史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 文史朗(すずき ぶんしろう、1890年3月19日 - 1951年2月23日)は、日本のジャーナリスト、新聞記者評論家政治家

千葉県出身。本名は文四郎。東京外国語学校卒業。1917年東京朝日新聞入社、パリ講和会議などで特派員として活躍。1942年常務。敗戦直後退社し、1946年『リーダーズ・ダイジェスト』日本語版編集長。1950年、緑風会に所属して第2回参議院議員通常選挙で当選したが、その翌年に死去した。

著書[編集]

  • 『世界に聴く』白水社 1922
  • 『東西話行』日本評論社 1926
  • 『婦人問題の話』朝日常識講座 第9巻 朝日新聞社 1929
  • 『空の旅・地の旅』新潮社 1929
  • 『新聞雑誌記者を志す人のために』現人社 1933
  • 『心を打つもの』三省堂 1935
  • 『米欧変転紀』全国書房 1943
  • 『静動雑記』一洋社 1947
  • 『戦後のアメリカ第一信』講談社 1948
  • 『文史朗随筆』中央公論社 1948
  • 『ジャーナリズム批判』弘文堂(アテネ文庫) 1949
  • 『文史朗文集』大日本雄辯會講談社 1952

翻訳[編集]

  • エーブラハム・リンカーン / ジョン・ドリンクウオーター 吉田書店 1946

参考文献[編集]

  • 日本人名大事典