加藤シヅエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の政治家
加藤 シヅエ
KATO Shizue.jpg
生年月日 1897年3月2日
出生地 東京市本郷区西片町
(現:東京都文京区
没年月日 (2001-12-22) 2001年12月22日(104歳没)
死没地 東京都文京区
出身校 バラード・スクール
前職 日本産児調節婦人連盟会長
所属政党 日本社会党(1946-51)→
右派社会党(1951-55)→
日本社会党(1955-79)
称号 勲二等宝冠章(1970年)
勲一等瑞宝章(1975年)
従三位(2001年)
配偶者 石本恵吉
加藤勘十
親族 鶴見祐輔(叔父)

選挙区 全国区
当選回数 4回
在任期間 1950年6月4日 - 1974年7月7日

選挙区 東京都第2区東京都第2区
当選回数 2回
在任期間 1946年4月10日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

加藤 シヅエ(かとう シヅエ、旧姓:広田静枝1897年〈明治30年〉3月2日 - 2001年〈平成13年〉12月22日)は、日本政治家。元華族婦人解放運動家産児制限活動家。称号東京都名誉都民[1]位階従三位

生い立ち[編集]

1897年(明治30年)3月2日、東京府東京市本郷区西片町(現・東京都文京区西片)に生まれる。父の廣田理太郎は、英語に堪能で、イギリスアメリカと手広く貿易を行う実業家であり、廣田家は非常に裕福な家庭であった[2]。母の敏子(鶴見良憲長女)もカナダミッションスクールで進歩的な教育を受けていた。そんな東京都心の裕福なブルジョア家庭に生まれたシヅエは、日本文化・西欧文化の両方に接して育つ[3]女子学習院中等科に進学。同級生にタレントで自民党参議院議員の藤原あきがいた[4][5]

来歴[編集]

石本男爵夫人時代のシヅエ。1930年

1914年女子学習院卒業。当時17歳であった静枝は、卒業直後27歳の華族・石本恵吉男爵石本新六男爵令息)と結婚、これにより男爵夫人となる。男爵はキリスト教的ヒューマニズムに傾倒しており、リベラルで社会運動に熱心であった[6]。男爵は三井財閥系の三井鉱山に在籍しており、労働者の実態調査で福岡県三井三池炭鉱へ赴任する。新婚早々炭鉱町に移り住むことになり、悲惨な炭鉱労働者の生活を知る。その後、夫妻は神奈川県鎌倉市へ転居する。当時のロシア革命の影響を受け、マルクス主義社会主義に感化され労働者の改善が必要であると確信する[6]

アメリカ移住[編集]

夫の石本男爵が労働問題の研究でアメリカへ渡ると、夫の後を追い二人の幼子を母親の実家に預け、1919年2月に22歳で渡米。サンフランシスコまで渡航しそこからニューヨークまで外遊した。夫は国際労働機関の日本加入のコンサルタント、通訳のためワシントンD.C.へ去ったため職業婦人になることを勧められ、ニューヨークのバラード・スクールで学びながら低所得者アパートメントで一人暮らしをする[3]。後に秘書学コースを優等で卒業する。その頃から、周辺の社会主義者らと親交を持つようになり、後に中国革命軍に同行し世界に名を馳せたジャーナリストのアグネス・スメドレーを介して貧民街での産児調節運動を啓蒙するマーガレット・サンガーと出会う。妊娠と堕胎から女を守るというサンガーの思想が炭鉱町にも必要であることを痛感し、日本での運動を決意する[3]。シヅエはサンガーとこの後も親交を持ち、「生涯の師」として仰いでいた。

産児制限運動[編集]

1922年に訪日したマーガレット・サンガーとともに

帰国直後、1922年に社会運動に理解のあった夫と共にマーガレット・サンガーの来日を接待と通訳を務める。この時講演会などを大々的に行い、これを機に日本での産児調節運動をスタートさせた。母体保護の重要性を説くだけでなく、当時流行していた優生学的な「不良な子孫の出生の防止」を訴えた[7]

1931年日本産児調節婦人連盟を設立し、会長に就任する。(高山正之によれば、避妊中絶のほか、断種も主張した。その2年後、ドイツ遺伝病根絶法を定めて、強制断種を始めると、先を越されて悔しがったという[7])。1934年に、産児制限相談所を開設。1932年1936年にはアメリカへも講演旅行を行った。その一方で、石本男爵は満州に赴任。その際に革命後のソ連への入国を図るが失敗。戦争が勃発し日中戦争によって産児制限相談所は閉鎖される。長男・新は出征し、次男・民雄は結核で病死。音信不通になった夫の負債のために自宅を売却することになり、ついに離婚を決意。

1944年3月に別居中だった夫と離婚が成立し、同年11月労働運動家加藤勘十と結婚。

1945年には、48歳で長女の多喜子を出産した。

国会議員として[編集]

1946年4月の第22回衆議院議員総選挙GHQの要請を受けて立候補し、戦後初の総選挙で日本社会党から衆院議員に最高得票当選(初の女性代議士39名の中の1人)、日本初の女性国会議員となる[7]。一緒に当選した夫・加藤堪十とともに政界入りする[8]。彼女の選挙公約は、家族計画、女性の社会・経済的地位の向上などで構成されたシヅエはアメリカ式の自由民主主義の導入を強調した[9]

GHQの指導に従って産児制限の立法化を図り、GHQの後ろ盾とクラレンス・ギャンブルの資金援助も得た[7]1947年12月には人工妊娠中絶不妊手術を合法化する目的で、優生保護法の法案を福田昌子太田典礼の3人で提出する。法案の提案理由として、加藤は戦後の人口増加と共に、以前の国民優生法が「実際には悪質の遺伝防止の目的を達することが、ほとんどできないでいる」事を挙げた[10]。翌年に優生保護法は成立した。後年、この法律による不妊手術を受けさせられた人々が国を相手取り賠償訴訟を次々と起こすことになる。

1948年12月、繊維疑獄事件に関する問題に関し、衆議院不当財産取引調査特別委員会に夫の勘十とともに証人喚問された[11]

1950年第2回参議院議員通常選挙に全国区より当選、売春防止法公害防止法の成立に尽力した。後1974年7月の政界引退まで参議院議員となる。

1954年日本家族計画連盟を結成。

1966年、日本社会党の佐々木更三委員長が成田国際空港建設予定地入りし、「社会党は空港建設阻止のために闘い抜く」と演説。日本社会党の党大会でも反対決議を行うなど成田国際空港建設に反対する成田闘争に参加。用地買収を複雑にするために一坪地主となった(その後、社会党は成田国際空港建設を支持)[12][13]

1970年春、勲二等宝冠章受章。

1974年、日本家族計画連盟の会長に就任する。

1974年、7月の参議院選挙での落選を契機に政界を引退。

1979年、日本社会党を離党。

その後は、1980年代には社会民主連合(社民連)・民社党を支援して、1990年代以降は日本新党新生党新進党などを支援した。

1988年に、国連人口賞を受賞。

1993年に、女性のための政治スクール名誉校長に就任。

1995年に、家族計画国際協力財団(現在の国際協力NGOジョイセフ)の会長となる。

2001年12月22日、呼吸不全のため104歳で没した[14]。翌年にシンガーソングライターのさだまさしが「勇気凛々~故 加藤シヅエ先生に捧ぐ~」という楽曲を出している。加藤はさだの代表曲である関白宣言がお気に入りで、「男はこれでよろしい、女もこれでよろしい、愛はこうでよろしい」とさだにエールを送ったこともあった[15]

年譜[編集]

親族[編集]

栄典[編集]

勲章[編集]

受賞歴[編集]

加藤シヅエを演じた女優[編集]

作品[編集]

著作[編集]

翻訳[編集]

  • 火野葦平『麦と兵隊』英訳、Wheat and soldiers, Baroness Shidzué Ishimoto.(New York [etc.] Farrar & Rinehart, inc. [c1939])
  • メリー・ビアード『日本女性史』1953年河出書房
    • 2008年、クレス出版、〈日本女性史叢書22〉に再録

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • HKW(制作・著作) 『加藤シヅエと家族計画』大阪府男女共同参画推進財団〈Women pioneers 女性先駆者たち 5〉、2011年。 NCID BB06376065 
    • DVD。出演 - 加藤シヅエ、縫田曄子、制作協力 - 豊田真穂、インタビュー収録 - 1976年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『心の軌跡―加藤シヅエと石本恵吉男爵1919‐1946』の著者・石本幸子は長男の妻。

出典[編集]

  1. ^ 「日本人名大辞典」 p43 2001年、講談社、上田正昭
  2. ^ M., Hopper, Helen (1996). A new woman of Japan : a political biography of Katō Shidzue. Boulder: Westview Press. ISBN 0813389712. OCLC 33048252 
  3. ^ a b c Tipton, Elise (1997). “Ishimoto Shizue: The Margaret Sanger of Japan”. Women's History Review 6:3 (3): 337–355. doi:10.1080/09612029700200151. 
  4. ^ 第56回国会 参議院 本会議 第4号 昭和42年8月10日”. 国会会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  5. ^ 佐野美和 (2020年5月31日). “灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(103)”. フォーサイト. 新潮社. 2020年6月2日閲覧。
  6. ^ a b Blacker, Carmen (2002年2月1日). “Shizue Kato”. The Guardian. 2022年11月6日閲覧。
  7. ^ a b c d 高山正之『習近平は日本語で脅す』新潮社
  8. ^ [1] 成田空港反対闘争、煽って逃げた社会党 小川国彦元衆院議員死去に思う:イザ!
  9. ^ Gelb, Joyce (1997). “Review of A "New Woman" of Japan: A Political Biography of Kato Shidzue”. The Journal of Asian Studies 56 (1): 208–209. doi:10.2307/2646389. JSTOR 2646389. 
  10. ^ 第1回国会 衆議院厚生委員会 第35号 (昭和22年12月1日)優生保護法案の提案理由の説明”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 (1947年12月1日). 2020年1月31日閲覧。
  11. ^ 第4回国会 衆議院 不当財産取引調査特別委員会 第3号 昭和23年12月11日
  12. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 渡辺浩 (2017年5月29日). “【ニュースの深層】成田空港反対闘争、煽って逃げた社会党 テロ集団を育てたといっても過言ではない 小川国彦氏の死去に思う”. イザ!. 2022年5月27日閲覧。
  14. ^ 日本人名大辞典 p43 2001年、講談社、上田正昭
  15. ^ さだまさし「夢百合草」ライナーノーツ
  16. ^ a b c d e f 『心の軌跡―加藤シヅエと石本恵吉男爵1919‐1946』石本幸子、朝日新聞出版、2013、p12

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、加藤シヅエに関するカテゴリがあります。
議会
先代
高木正夫
日本の旗 参議院運輸委員長
1955年
次代
片岡文重
先代
上条愛一
日本の旗 参議院厚生委員長
1954年
次代
廃止