佐多稲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐多 稲子
(さた いねこ)
Sata Ineko.jpg
1954年頃
誕生 1904年6月1日
日本の旗 日本長崎県長崎市
死没 (1998-10-12) 1998年10月12日(満94歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 小説
文学活動 プロレタリア文学戦旗派)
代表作 『キャラメル工場から』(1928年)
『くれなゐ』(1938年)
『樹影』(1972年)
『夏の栞』(1983年)
主な受賞歴 女流文学賞(1962年)
野間文芸賞(1972年)
川端康成文学賞(1976年)
毎日芸術賞(1983年)
読売文学賞(1986年)
デビュー作 『キャラメルの工場から』(1928年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

佐多 稲子 - 窪川 稲子(さた いねこ - くぼかわ いねこ、1904年明治37年)6月1日 - 1998年平成10年)10月12日 本名:佐多イネ)は、日本の小説家である。

生涯[編集]

長崎市に生まれる。出生当時、両親はいずれも学生で十代だったため、戸籍上は複雑な経過をたどっていた。母親を結核で亡くし、小学校修了前に一家で上京、稲子は神田のキャラメル工場に勤務する。このときの経験がのちに『キャラメル工場から』という作品にまとめられ、彼女の出世作となる。上野不忍池の料理屋「清凌亭」の女中になり、芥川龍之介菊池寛など著名な作家たちと知り合いになる。その後丸善の店員になり、資産家の息子である慶應大学の学生と結婚するが、夫の親に反対され、二人で自殺を図る。未遂で終わったがその後離婚し、夫との子を生んで一人で育てる。[1]

最初の結婚に失敗したあと、東京本郷のカフェーにつとめ、雑誌『驢馬』同人の、中野重治堀辰雄たちと知り合い、創作活動をはじめる。1926年、『驢馬』同人の1人で貯金局に勤めていた窪川鶴次郎と結婚する。そのため、最初は窪川稲子の名で作品を発表した。1928年、『キャラメル工場から』を発表し、プロレタリア文学の新しい作家として認められる。1929年にはカフェの女給経験を綴った『レストラン・洛陽』を発表し、川端康成に激賞された[2][3]。『レストラン・洛陽』の同僚女給「夏江」は伊藤初代がモデルだったが、川端はその奇遇を知らずに選評していた[2]。雑誌『働く婦人』の編集にも携わり、創作活動と文化普及の運動ともに貢献した。1932年には非合法であった日本共産党に入党している[4]

プロレタリア文学運動が弾圧により停滞した時代には、夫・窪川の不倫もあって、夫婦関係のありかたを見つめた『くれなゐ』(1936年)を執筆し、長編作家としての力量を示した。しかし、戦争の激化とともに、権力との対抗の姿勢をつらぬくことが困難になり、時流に流されていくようになる。戦場への慰問にも加わり、時流に妥協した作品も執筆した。

戦後、窪川と離婚し、筆名を佐多稲子とする。戦時中の行動が問われて新日本文学会の創立時に発起人にはならなかったが、当初より活躍した。また、婦人民主クラブの創立には、宮本百合子たちとともに努力し、戦後の民主化の運動に貢献した(婦民の分裂後は多数派の「ふぇみん」側の代表を長らく務めた)。しかし、戦後50年問題、日ソ共産党の関係悪化など日本共産党との関係には苦しみ、とりわけ部分的核実験禁止条約を巡っては、批准に反対していた同党に対し、野間宏らと批判を繰り返していたことから、最終的には除名されるにいたった。彼女の作品には、戦前の経験や活動を描いた『私の東京地図』(1946年)、『歯車』(1958年)があるが、『夜の記憶』(1955年)、『渓流』(1963年)、『塑像』(1966年)など、そうした戦後の共産党とのいきさつを体験に即して描いた作品も多い。

自身の体験に取材した作品以外にも、戦後の女性をめぐるさまざまな問題を作品として描いたものも多く、それらは婦人雑誌や週刊誌などに連載され、映画やテレビドラマになったものもある。

社会的な活動にも積極的に参加し、松川事件の被告の救援に活躍もした。最晩年までそうした関心は衰えず、社会的な発言も続けた。

また1985年、樋口一葉の『たけくらべ』の結末で美登利が変貌するのを、初潮が来たからだとする従来の定説に対して、娼婦としての水揚げがあったのではないかと書き、「たけくらべ論争」を引き起こした。現在では一般的に両論併記となっている。なお、この説はすでに窪川鶴次郎も、『東京の散歩道』(1964年、現代教養文庫)で述べていた。

1998年、敗血症のため死去[5]

子に映画監督の窪川健造や、戦後を代表する振付家の一人である佐多達枝がいる。

他作家との交流[編集]

芥川龍之介[編集]

上野「清凌亭」に勤めていた十代のころ、客として現れた芥川を見て、女中仲間に「芥川龍之介だ」と言ったところ、その女中が芥川に「お客さんを知っている者がいる」と話し、個人的な知り合いかと勘違いした芥川が席に呼んだのがきっかけで、顔見知りとなった[1]。芥川は佐多を「お稲さん」と呼んで贔屓にしていた[6]。佐多は意気な縞銘仙に黒襟姿で立ち働くきゃしゃな娘で、仲間うちからは、芥川は佐多に好意を持っているようだと見られていた[7]、芥川が亡くなる4日前には芥川から連絡があって自殺者の心理を聞かれたという[1]

壺井栄[編集]

1929年、雑誌『戦旗』での執筆が縁で、同誌に仕事を持っていた壺井繁治と、その妻の夫妻と親交を持つようになる。のちに栄は生活苦もあって雑誌社の懸賞に応募するようになっていくが、その折に彼女の作風を見た稲子は、その素質をプロレタリア文学ではなく娯楽小説、特に児童文学童話)に向いたものであると気付き、栄に坪田譲治作品を読む事を勧めて童話や一般小説を執筆するように説いた。これによって壺井栄が執筆したのが、彼女の後の商業デビュー作となる「大根の葉」であり、以降、栄は稲子の予見した通り児童文学作家として活躍し、のちに映画化もされた『二十四の瞳』を執筆する。[8]

受賞歴[編集]

  • 1962年、『女の宿』により第2回女流文学賞受賞
  • 1972年、『樹影』により第25回野間文芸賞受賞
  • 1976年、『時に佇(た)つ(十一)』により第3回川端康成文学賞受賞
  • 1983年、『夏の栞』により第25回毎日芸術賞受賞
  • 1983年、長年の作家活動による現代文学への貢献により朝日賞受賞
  • 1986年、『月の宴』により第37回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞

著書[編集]

  • 『くれなゐ』(中央公論社→新潮文庫、角川文庫、1938年)※窪川稲子名義
  • 『女性の言葉』(高山書院、1940年)※窪川稲子名義
  • 『素足の娘』(新潮社→角川文庫、新潮文庫、1940年)※窪川稲子名義
  • 『女三人』(時代社、1940年)※窪川稲子名義
  • 『美しい人たち』(金星堂、1940年)※窪川稲子名義
  • 『樹々新緑』(新潮社→旺文社文庫、1940年)
  • 『日々の伴侶』(時代社、1941年)
  • 『季節の随筆』(万里閣、1941年)
  • 『心通はむ』(学芸社、1941年)
  • 『扉』(甲鳥書林、1941年)
  • 『夢多き誇』(学芸社、1941年)
  • 『香に匂ふ』(昭森社、1942年)
  • 『女性と文学』(実業之日本社、1943年)
  • 女流作家叢書『気づかざりき』(全国書房、1943年)
  • 『若き妻たち』(葛城書店、1944年)
  • 『牡丹のある家』(あづみ書房、1946年)
  • 『キャラメル工場から』(新興出版社→角川文庫、1946年)
  • 『たたずまひ』(万里閣、1946年)
  • 『旅情』(飛鳥書店、1947年)
  • 『私の長崎地図』(五月書房、1948年)
  • 『四季の車』(労働文化社、1948年)
  • 『私の東京地図』(新日本文学会→講談社文芸文庫、1949年)
  • 『開かれた扉』(八雲書店、1949年)
  • 『黄色い煙』(筑摩書房、1954年)
  • 『燃ゆる限り』(筑摩書房、1955年)
  • 『子供の眼』(角川小説新書→角川文庫、1955年)
  • 『夜の記憶』(河出新書、1955年)
  • 『機械のなかの青春』(角川小説新書、1955年)
  • 『みどりの並木路』(新評論社、1955年)
  • 『燃ゆる限り』(筑摩書房、1955年)
  • 『いとしい恋人たち』(文藝春秋新社→角川文庫、1956年)
  • 『智恵の輪』(現代社、1956年)
  • 『舵をわが手に』(東方社、1956年)
  • 『夜を背に昼をおもてに』(東方社、1956年)
  • 『風と青春』(角川小説新書、1956年)
  • 『心の棚』(現代社、1956年)
  • 『ある女の戸籍』(東方社、1956年)
  • 『女の一生』(酒井書店、1956年)
  • 『樹々のさやぎ』(東方社、1957年)
  • 『罪つくり』(現代社、1957年)
  • 『体の中を風が吹く』(大日本雄弁会講談社→角川文庫、新潮文庫、1957年)
  • 『人形と笛』(パトリア→旺文社文庫、1957年)
  • 佐多稲子作品集』全15巻(筑摩書房、1958年 - 1959年)
  • 『愛とおそれと』(大日本雄弁会講談社→講談社文庫、1958年)
  • 『歯車』(筑摩書房→角川文庫、旺文社文庫、1959年)
  • 『ばあんばあん』(新創社、1959年)
  • 『働く女性の生きかた』(知性社、1959年)
  • 『灰色の午後』(講談社→講談社文芸文庫、1960年)
  • 『振りむいたあなた』(講談社→角川文庫、1961年)
  • 『一つ屋根の下』(中央公論社、1962年)
  • 『夜と昼と』(角川書店、1962年)
  • 『女の宿』(講談社→旺文社文庫、講談社文芸文庫、1963年)
  • 『あねといもうと』(東方社、1963年)
  • 『女茶わん』(三月書房、1963年)
  • 『渓流』(講談社→講談社文庫、1964年)
  • 『生きるということ』(文藝春秋新社、1965年)
  • 『女たち』(講談社、1965年)
  • 『女の道づれ』(講談社、1966年)
  • 『塑像』(講談社、1966年)
  • 『風になじんだ歌』(新潮社、1967年)
  • 『あとに生きる者へ わが心の祈りをこめて』(青春出版社、1969年)
  • 『ひとり歩き』(三月書房、1969年)
  • 『哀れ』(新潮社、1969年)
  • 『重き流れに』(講談社→講談社文庫、1970年)
  • 『樹影』(講談社→講談社文庫、講談社文芸文庫、1972年)
  • 『ひとり旅ふたり旅』(北洋社、1973年)
  • 『ふと聞えた言葉』(講談社、1974年)
  • 『時に佇つ』(河出書房新社→講談社文芸文庫、1976年)
  • 『お水取り』(平凡社カラー新書、1977年)共著:清水公照
  • 佐多稲子全集』全18巻(講談社、1977年 - 1979年)
  • 『由縁の子』(新潮社、1978年)
  • 『きのうの虹』(毎日新聞社、1978年)
  • 『ひとり旅ふたり旅』(北洋社、1978年)
  • 『遠く近く』(筑摩書房、1979年)
  • 『時と人と私のこと』(講談社、1979年)
  • 『年々の手応え』(講談社、1981年)
  • 『夏の栞 中野重治をおくる』(新潮社→新潮文庫、1983年)
  • 『年譜の行間』(中央公論社→中公文庫、1983年)
  • 『出会った縁』(講談社、1984年)
  • 『月の宴』(講談社→講談社文芸文庫、1985年)
  • 『小さい山と椿の花』(講談社、1987年)
  • 『思うどち』(講談社、1989年)
  • 『あとや先き』(中央公論社→中公文庫、1993年)
  • 『白と紫 佐多稲子自選短篇集』(学芸書林、1994年)

関連図書[編集]

  • 長谷川啓『佐多稲子論』(オリジン出版センター、1992年)ISBN 4-7564-0162-7
  • 北川秋雄『佐多稲子研究』(双文社出版、1993年)ISBN 4-88164-348-7
  • 小林裕子、長谷川啓編『佐多稲子と戦後日本』(七つ森書館、2005年)
  • 杉山直樹『血をわたる』自由国民社、2011年発行、ISBN 978-4-426-10888-5
  • 佐多稲子研究会編『佐多稲子文学アルバム 凛として立つ』(菁柿堂、2013年)ISBN 978-4-434-18274-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「佐多稲子(「我が文学我が回想」1983年8月2日放送から) 」
  2. ^ a b 佐多稲子「川端さんとの縁」(『近代作家追悼文集成 高橋和巳志賀直哉・川端康成』)(ゆまに書房、1999年)
  3. ^ 川端康成「文芸時評 窪川氏の『レストラン・洛陽』」(文藝春秋 1929年10月号掲載)
  4. ^ Obituary: Ineko Sata by James Kirkup, The Independent(Great Britain), 29 October 1998
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)13頁
  6. ^ 『わが懐かしき文学者たち』中島和夫、文芸社, 2006
  7. ^ 宇野浩二『文学の三十年』 (文芸選書)福武書店、1983
  8. ^ 旺文社文庫『柿の木のある家』(壺井栄・著、初版1970年)著者年譜より