西村朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西村 朗
生誕 (1953-09-08) 1953年9月8日
出身地 日本の旗 日本 大阪府 大阪市
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家

西村 朗(にしむら あきら、1953年9月8日 - )は、日本現代音楽作曲家

略歴[編集]

父は大阪市城東区自転車店、母は大阪市城東区役所の職員の息子として生まれる。幼い頃の夢は比叡山僧侶になることだったが、小学校5年のとき放送部に入ったことでクラシック音楽に惹かれ作曲家を志す。大阪では下村米太郎・大橋博・山田光生らに教えを受けた後、大阪府立旭高等学校時代、池内友次郎に師事。東京藝術大学大学院まで矢代秋雄野田暉行に師事。1980年修了。

尚美学園講師などを経て、現在、東京音楽大学大学・大学院教授、東京藝術大学非常勤講師。2003年4月から2009年3月までNHK-FM現代の音楽」の番組担当を務めたのち、2009年4月から2012年3月の番組終了までNHK教育N響アワー」の司会を務めた。2015年4月からは再びNHK-FM「現代の音楽」の解説を担当している。武満徹作曲賞2007年度、ガウデアムス作曲賞2009年度などの多数のコンペティションの審査員もこなす。2000年よりいずみシンフォニエッタ大阪にて音楽監督を、2010年より草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル音楽監督を務めている。

出演[編集]

受賞歴[編集]

作風[編集]

旋法的な感覚を手放さないのが特徴。かつて「弦楽四重奏のためのヘテロフォニー」が初演されたときの冒頭に強い違和感を感じ、冒頭の音選択を旋法的なものに書き直したほどである[1]近藤譲と並んで自作の音盤化は豊富な方だが、彼の場合も「紅蓮」や「汨羅の淵より」のようにディスコグラフィーに収録されていない重要作も数多い。近年は吹奏楽の世界へ新作を書き下ろしている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 光の蜜~西村朗の音楽I (fontec)
  • 光の鏡~西村朗の音楽II (fontec)
  • 光の波~西村朗の音楽III (fontec)
  • 静寂と光~西村朗の音楽Ⅳ (fontec)
  • 光の鳥~西村朗の音楽V (fontec)
  • 西村朗 作品集AKIRA NISHIMURA CMCD-99052 (camerata tokyo)
  • 蓮華化生~西村朗 管弦楽作品集【西村 朗 作品集1】 (camerata tokyo)
  • 残光~西村 朗:ヴァイオリン協奏曲 第1番【西村 朗 作品集2】 (camerata tokyo)
  • 迦楼羅~西村 朗 管弦楽作品集【西村 朗 作品集3】 (camerata tokyo)
  • 時の陽炎~三橋貴風 プレイズ 西村 朗 【西村 朗 作品集4】 (camerata tokyo)
  • エイヴィアン[鳥]~アルディッティSQ プレイズ 西村 朗【西村 朗 作品集5】 (camerata tokyo)
  • ヴィシュヌの化身~高橋アキ プレイズ 西村朗 【西村朗 作品集6】 (camerata tokyo)
  • 西村 朗:魂の内なる存在~西村 朗 協奏曲集【西村 朗 作品集 7】 (camerata tokyo)
  • 西村朗:メタモルフォーシス~西村朗 室内交響曲集 【西村朗 作品集 8】 (camerata tokyo)
  • オパール光のソナタ~碇山典子 プレイズ 西村 朗 【西村 朗 作品集 9】 (camerata tokyo)
  • 西村 朗:秘密〜マニの光~西村 朗 管弦楽作品集【西村 朗 作品集 10】 (camerata tokyo)
  • 西村 朗:幻影とマントラ~西村 朗 管弦楽作品集【西村 朗 作品集 11】 (camerata tokyo)
  • 旋回舞踊─超絶技巧ソロ 佐藤俊介 プレイズ 西村 朗~西村 朗 弦楽器作品集 【西村 朗 作品集 12】 (camerata tokyo)
  • 西村 朗:オーケストラのための〈蘇莫者〉~大阪センチュリー交響楽団、沼尻竜典【西村 朗 作品集 13】 (camerata tokyo)
  • 西村 朗 室内楽作品集 ヌルシンハ[人獅子]~西村 朗 室内楽作品集【西村 朗 作品集 14】 (camerata tokyo)
  • 東京シンフォニエッタ プレイズ 西村 朗 第1集~虹の体【西村 朗 作品集 15】 (camerata tokyo)
  • 東京シンフォニエッタ プレイズ 西村 朗 第2集~天女散花【西村 朗 作品集 16】 (camerata tokyo)
  • いずみシンフォニエッタ大阪 プレイズ 西村 朗~沈黙の声【西村 朗 作品集 17】 (camerata tokyo)
  • ブルーノ・カニーノ プレイズ 西村 朗 (camerata tokyo)
  • ケチャ…彩色打楽~西村 朗 作品集/パーカッション・グループ 72 (camerata tokyo)
  • カール・ライスター プレイズ 西村 朗 (camerata tokyo)

主要作品[編集]

現在は全音楽譜出版社の専属作曲家である。かつては音楽之友社からも数作発売されていた。

管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のための変容
  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番「3つのオード
  • 交響曲第3番
  • ノスタルジア
  • 2台のピアノと管弦楽のヘテロフォニー
  • 太陽の臍
  • 永遠なる渾沌の光の中へ
  • 星曼荼羅
  • 鳥のヘテロフォニー
  • 光の鳥
  • メロスの光背
  • 黄昏の幻影
  • 光の雅歌
  • モノディ<単声哀歌>
  • 蓮華化生
  • 光と影の旋律
  • 幻影とマントラ
  • ベートーヴェンの8つの交響曲による小交響曲
  • オーケストラのための<蘇莫者>
  • 桜人

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲第1番「紅蓮」
  • ピアノ協奏曲第2番
  • ピアノと室内オーケストラのための「流れ-闇の訪れたあとに」
  • クラリネット協奏曲カヴィラ(天空の島)
  • フルートと管楽と打楽器のための協奏曲
  • ティンパニ協奏曲
  • ファゴット協奏曲
  • アルトサクソフォン協奏曲「エシ・イン・アニマ(魂の内なる存在)」
  • 二十絃箏とオーケストラのための協奏曲「樹海」

室内オーケストラ曲[編集]

  • 室内交響曲第1番
  • 室内交響曲第2番
  • 室内交響曲第3番

吹奏楽曲[編集]

  • 巫楽 ~管楽と打楽器のためのヘテロフォニー
  • 秘儀Ⅰ ~管楽合奏のための
  • 秘儀Ⅱ ~7声部の管楽オーケストラと4人の打楽器奏者のための~
  • 秘儀Ⅲ -旋回舞踊のためのヘテロフォニー - 2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲III、全日本吹奏楽連盟からの委嘱

現代邦楽[編集]

  • 夢幻の光~雅楽のための

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏のためのヘテロフォニー
  • 弦楽四重奏曲第2番「光の波」
  • 弦楽四重奏曲第3番「エイヴィアン(鳥)」
  • 弦楽四重奏曲第4番「ヌルシンハ(人獅子)」
  • 6人の打楽器奏者のための「ケチャ」
  • 6人の打楽器奏者のための「ターラ」
  • マートラ~独奏マリンバ,独奏ティンパニーと5人の打楽器奏者のための
  • ティンパニ独奏者と5人の打楽器奏者のためのティンパニ協奏曲

独奏曲[編集]

  • 薔薇の変容(2005年)
  • オパール光のソナタ(1998年)
  • カラヴィンカ(2006年)
  • 神秘の鐘(2006年)
  • 夜光(1999年)
  • 静寂と光(1997年)
  • 夜の呪文(2003年)
  • アリラン幻想曲(2002年)
  • トッカータ(2000年)
  • タンゴ(1998年)

合唱[編集]

  • 無伴奏混声合唱のための「泪羅の淵より」(1978)
  • 混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」(1984/大手拓次)
  • 混声合唱組曲「そよぐ幻影」(1985/大手拓次)
  • 女声合唱組曲「秘密の花」(1985/大手拓次)
  • 無伴奏混声合唱のための「式子内親王の七つの歌」(1990)
  • 無伴奏混声合唱のための「大悲心陀羅尼」(1990)
  • 無伴奏混声合唱のための「炎の孤悲歌 -柿本人麻呂の歌に依る-」(1990)
  • 無伴奏女声合唱のための「寂光哀歌」(1992/平家物語による)
  • 混声合唱とピアノのための「水の祈祷」(1994)
  • そして夜が明ける(1994/なかにし礼) - 第61回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲
  • 無伴奏女声合唱のための組曲「祇園双紙」(1995/吉井勇)
  • 女声合唱と四重奏のための「『青猫』の五つの詩」(1996/萩原朔太郎)
  • 無伴奏女声合唱組曲「浮舟」(1998/源氏物語より)
  • 無伴奏女声合唱のための「炎の挽歌」(2000/柿本人麻呂)
  • 無伴奏女声合唱のための「青色廃園」(2000/村山槐多)
  • 無伴奏混声合唱組曲「死にたまふ母」(2000/斎藤茂吉)
  • 男声合唱と打楽器のための「かつて信仰は地上にあった」(2000/萩原朔太郎)
  • 無伴奏混声合唱とカウンター・テナー(またはソプラノ)独唱のための「内部への月影」(2001/萩原朔太郎)
  • 男声合唱とピアノのための「輪廻」(2001/萩原朔太郎)
  • 無伴奏混声合唱組曲「蝶を夢む」(2002/中原中也、萩原朔太郎、大手拓次)
  • 無伴奏混声合唱のための「両界真言」(2002/仏教経文による)
  • 同声(女声または男声)三部とピアノのための組曲「永訣の朝]」(2006/宮沢賢治)
  • 男声合唱組曲「まぼろしの薔薇」
  • 同声(女声または男声)合唱とピアノのための組曲「夏の庭」
  • 混声合唱とピアノのための組曲「大空の粒子」
  • 無伴奏混声合唱組曲「鳥の国」(2010)
  • 女声合唱とピアノのための組曲「花紅」(2010)
  • 無伴奏同声三部合唱組曲「旅-悲歌が生まれるまで」
  • 女声合唱とピアノのための「アノクダッチ幻想曲」(2012)

オペラ[編集]

  • 「絵師」(室内オペラ)

参考文献[編集]

  • 西村朗、沼野雄司『光の雅歌: 西村朗の音楽』春秋社、2005年5月、ISBN 9784393934739
  • 西村朗『作曲家がゆく 西村朗対話集』春秋社、2007年5月、ISBN 9784393935163
  • 「皿の上のかたつむり」(40 (1-12)、1982年)ほか、『音楽芸術』への1970年代末から1980年代までの作曲者本人の寄稿

脚注[編集]

  1. ^ 光の雅歌 西村朗の音楽 pp. 220-221

外部リンク[編集]