岩田藤七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩田 藤七(いわた とうしち、1893年3月12日 - 1980年8月23日)は、ガラス工芸家。東京・日本橋生まれ。岩田久利は子。岩田糸子は久利の妻、イワタルリは孫。

経歴[編集]

1911年白馬会岡田三郎助に師事、洋画を学び、1918年東京美術学校金工科、1923年西洋画科卒業、今村繁三に吹きガラスを学んで、ガラス工芸に転進。1930年岩城硝子を退社、1937年パリ万国工芸展で銀賞。東京都葛飾区堀切1944年岩田硝子製作所を設立(後の岩田ガラス工芸)。そこから帝展日展等に作品を出品。ガラスを芸術として見たガラスアート・ガラス工芸の地位向上に尽力した。海外での作品展なども行い、米メトロポリタン美術館にも所蔵されるなど日本におけるガラス作家の先駆的として知られる。1950年日展運営会参事、1951年日本芸術院賞受賞[1]、1954年常任理事、日本芸術院会員。1958年日展顧問、1966年日本工芸会理事、1969年毎日芸術賞受賞、1970年文化功労者

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1951年4月1日(東京本社発行)朝刊、2頁。

参考文献[編集]

  • 岩田藤七ガラス作品集 毎日新聞社 1968
  • 岩田藤七制作展 日動画廊 1976
  • 岩田藤七のガラス芸術 武田厚編著 光村推古書院 1993
  • 岩田藤七 ガラス幻想・縄文的モダニスト 水田順子 北海道新聞社 2001 (ミュージアム新書)
  • 岩田家のガラス芸術 [1] 2009