豊増昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊増 昇(とよます のぼる、1912年5月23日 - 1975年10月9日)は、日本ピアニスト音楽教育者日本藝術院会員。佐賀県佐賀市出身。

来歴[編集]

1933年、東京音楽学校卒。高折宮次レオ・シロタらに師事。1936年ドイツに留学、1943年東京音楽学校教授。その後、京都市立音楽短期大学教授を経て、1959年に武庫川女子大学音楽部長となった。

1940年にベートーヴェンピアノソナタピアノ協奏曲全作品、1950年にバッハのピアノ曲全作品の連続演奏会をおこなった。1961年日本芸術院賞受賞[1]、1962年芸術院会員。

1975年、肺癌のため死去。

小澤征爾に、指揮者になる事を勧めた人物でもある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1961年4月15日(東京本社発行)朝刊、1頁。
  2. ^ 「小澤征爾&2014サイトウ・キネン・フェスティバル松本」(2014年10月13日NHK BSプレミアムにて放送)より。冒頭のピーター・バラカンとの対談で触れた。

外部リンク[編集]