絹谷幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絹谷 幸二(きぬたに こうじ、1943年1月24日 - )は、日本の洋画家日本芸術院会員、独立美術協会会員、東京芸術大学名誉教授、大阪芸術大学教授、日本美術家連盟理事。

純然とした空の青を背景に、限定された形の中に明るく躍動的な色彩で描かれた人物などが特徴とされる。アフレスコという壁画技法の国内第一人者でもある。交友関係も幅広く、保守政治家との交友もある。

経歴[編集]

奈良県奈良市に生まれる。奈良県立奈良高等学校、東京芸術大学美術学部油絵専攻卒(1966年小磯良平教室)。卒業制作で大橋賞受賞。

小学校一年生の頃から油絵を習い始める。芸大卒業後、1971年イタリアへ留学、ヴェネツィアでアフレスコ古典画(フレスコ画のことで、本人は必ずアフレスコと〝ア〟をつける)の技法を研究する。1974年安井賞展安井賞受賞、若手洋画家として期待される。その後メキシコ留学などを経て、1993年東京芸術大学教授に就任、後進を育てる。また、NHK日曜美術館によく出演する。アフレスコ絵画技法の地方公演なども行っている。2000年に芸術院会員となる。新作個展は様々な全国有名百貨店にて開催されている。

2008年に35歳以下の若手芸術家を顕彰する絹谷幸二賞を毎日新聞社主催にて創設。2010年に東京芸術大学名誉教授に就任。

人物[編集]

保守派の画家としても知られている。2015年7月15日に、東京・赤坂のそば店「三平」において、内閣総理大臣安倍晋三読売新聞グループ本社取締役最高顧問、老川祥一と会食した。この会食は、翌日の各新聞社、通信社の首相動静欄において、広く報道された。なお、7月15日は衆議院特別委員会において、安全保障法制が強行採決された日である。

なお、東京芸術大学での教授としての態度は、年2回行われる生徒の作品の講評会において、全生徒・全教授の前で作品の講評ではなく、生徒個人の人格を否定するような暴言や態度をとる人物として知られている。

受賞歴 等[編集]

  • 1966年(23):東京芸術大学美術学部油画科卒業制作展≪蒼の間隙≫で大橋賞を受賞。
  • 1966年(23):独立美術協会第34回展で独立賞受賞。
  • 1967年(24):独立美術協会第35回展で独立賞受賞。
  • 1970年(28):新鋭選抜展に≪記憶の跡≫を選抜出品、優秀賞受賞。
  • 1970年(28):ベヴィラックア・ラ・マーサ財団主催の展覧会でラ・マーサ賞受賞。
  • 1974年(31):第17回安井賞展にて≪アンセルモ氏の肖像≫で安井賞受賞。
  • 1977年(34):≪アンジェラと蒼い空II≫が昭和51年度文化庁買い上げ優秀美術作品に選ばれる。
  • 1978年(35):イタリア・マニフェスト展にてマニフェスト賞受賞。
  • 1983年(40):第2回美術文化振興協会賞を受賞。
  • 1985年(42):第2回日本青年画家展に≪光ふる時≫を出品、優秀賞受賞。
  • 1987年(44):第4回日本青年画家展に≪時の天使≫を出品、優秀賞受賞、東京芸術大学講師。
  • 1987年(44):第19回日本芸術大賞受賞。
  • 1988年(45):第5回日本青年画家展に≪涙するカトリーヌ≫を出品、優秀賞受賞。
  • 1989年(46):第30回毎日芸術賞受賞、東京芸大助教授。
  • 1993年(50):東京芸大美術学部教授。
  • 2001年(58):≪蒼穹夢譚≫ にて第57回日本芸術院賞受賞、芸術院会員となる。
  • 2009年(66):絹谷幸二賞が毎日新聞主催で創設される。
  • 2010年(67):東京芸術大学名誉教授を授与。大阪芸術大学教授に就任。
  • 2014年(71):文化功労者[1]

代表作[編集]

  • 長野冬季オリンピック公式ポスター』(1997年
  • 『アンセルモ氏の肖像』(漆喰、顔料・綿布・額 81.0×100.0cm 1973年
  • 『ダリア・ガナッシィーニの肖像』(アフレスコ・ストラッポ 181.8×259.1cm 1975年 新潟市美術館蔵)
  • 『アンジェラと蒼い空II』(漆喰、顔料・キャンバス・額 194.5×259.5cm 1976年) など。

壁画・パブリックアートなど[編集]

  • 上海万国博覧会 日本産業館にて大天井画LED≪日月天飛翔≫を製作(2010年)。
  • 東京メトロ副都心線の開通を記念して渋谷駅にパブリックアート(陶板壁画)≪きらきら渋谷≫を制作(2008年)。
  • 日本橋 高島屋リニューアルのシンボル画≪高島屋の薔薇≫を制作(2004年)。
  • みなとみらい線横浜駅に設置(寄贈・崎陽軒)される巨大陶壁画≪VIVA YOKOHAMA≫の原画を制作(2004年)。
  • ニューヨーク領事館に≪希望の太陽≫を制作(2004年)。
  • 渋谷・セルリアンタワーの陶壁画を制作(2001年)。
  • 北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)に壁画≪日月双鶴首士≫を制作(1999年)。
  • 奈良市立なら100年会館に壁画≪日月大和麗し≫を制作(1999年)。
  • なら100年会館(奈良市民ホール)の壁画≪夢・光降る町・奈良≫を制作(1998年)。
  • 茨城県立医療大学付属病院に壁画≪光降る街≫制作(1996年)。
  • 戸田競艇場メインスタジアムに壁画レリーフ≪VINNTO PERTE≫を制作(1996年)。
  • 世田谷文学館ロビーに阪神淡路大震災の震災鎮魂へのレクイエム≪愛するもの達へ・希望≫を制作(1995年)。
  • 松戸競輪場のメインスタンド特別観覧席1階エントランス壁画≪日月万丈富嶽≫を制作(1994年)。
  • ラ・ヴィータ(高知県)の天井画を制作(1993年)。
  • 奈良パークホテルの壁画≪旭日薫風奈良≫を制作(1991年)。
  • 法鷲院五重塔(茨城県十王町)の壁画≪転依≫を制作(1991年)。
  • 東京芸術劇場(東京都豊島区)の天井壁画≪天・地・人≫ を制作(1990年)。
  • 京都ブライトンホテルの大壁画≪日・月・流星≫を制作(1988年)。
  • 愛知県・一宮市博物館の壁画≪あやなすまち一宮、ひとひとひと≫を制作(1987年)。
  • 京都・田辺町の新庁舎壁画≪光ふるまち 田辺≫を制作(1986年)。
  • 国立児童会館・こどもの城(東京都渋谷区)の壁画≪アラベスク≫を制作(1985年)。
  • 麻田総合病院(丸亀市)に壁画≪文明にかける橋≫を制作(1983年)。
  • 会津和歌山・東山パークホテルの壁画≪炎・炎≫を製作(1978年)。

主な出版物[編集]

  • 『絹谷幸二全作品集』(ビジョン企画社、2006年10月)。
  • 『絹谷幸二画集2』(求龍堂、2004年3月)。
  • 『ウソ力(想像力)の鍛え方』(日本経済新聞社、2003年11月)。
  • 『風の道 仏の道』(画文集、日本放送出版協会、2003年5月)。
  • 『絹谷幸二 FUJI-I』(日経BP社、1996年12月)。
  • 『絹谷幸二作品集』(講談社、1994年5月)。
  • 『アート・トップ叢書 絹谷幸二』(美術年鑑社、1992年10月)。
  • 『日経ポケットギャラリー 絹谷幸二』(日本経済新聞社、1992年9月)。
  • 『壁は200億光年の夢を見る』(随筆集、美術年鑑社、1992年8月)。
  • 『絹谷幸二画集』(求龍堂、1989年1月)。
  • 『絹谷幸二画集』(講談社、1984年8月)。
  • 『かべにえがく<壁画の世界>』(こども美術館22)(ポプラ社、1983年4月)。

主な作品収蔵先[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]