宮本三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年

宮本 三郎(みやもと さぶろう、1905年5月23日 - 1974年10月13日)は、日本の洋画家石川県能美郡末佐美村(現・小松市)生まれ。

油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけた。戦時中は「山下、パーシバル両司令官会見図」など戦争画も手がける(同画は、戦後GHQに接収されたが、1970年に日本に永久貸与という形で返還、国立近代美術館に保管されている[1])。このほか国立霞ヶ丘競技場陸上競技場壁画切手の原画などで知られ晩年には木版画の作品も手がけている。

娘・美音子の夫は英文学者の宮本陽吉である。

略年譜[編集]

妻・文枝とともに(1954年)

著書・画集[編集]

関連書籍
  • 黒岩太一『藤田嗣治・宮本三郎画伯のモデルになった兵隊 軍靴の響き消えて45年の記録』こだま詩社 1989

脚注[編集]

  1. ^ 25年ぶり戦争絵画 報道関係者に公開『朝日新聞』昭和45年(1970年)6月16日夕刊、3版、9面
  2. ^ 『朝日新聞』1943年4月10日(東京本社発行)朝刊、3頁。
  3. ^ [1]

外部リンク[編集]