愛知県美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 愛知県美術館
Aichi Prefectural Museum of Art
Aichi Arts Center exterior ac.jpg
愛知県美術館が入っている愛知芸術文化センター
愛知県美術館の位置(愛知県内)
愛知県美術館
愛知県内の位置
愛知県美術館の位置(名古屋市内)
愛知県美術館
愛知県内の位置
施設情報
前身 愛知県文化会館美術館
専門分野 20世紀美術
館長 島敦彦[1]
事業主体 愛知県
開館 1992年
所在地 461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
位置 北緯35度10分16.14秒 東経136度54分40.71秒 / 北緯35.1711500度 東経136.9113083度 / 35.1711500; 136.9113083座標: 北緯35度10分16.14秒 東経136度54分40.71秒 / 北緯35.1711500度 東経136.9113083度 / 35.1711500; 136.9113083
公式サイト 愛知県美術館
プロジェクト:GLAM

愛知県美術館(あいちけんびじゅつかん 英表記:Aichi Prefectural Museum of Art)は、愛知県名古屋市東区愛知芸術文化センター10階にある美術館である。

歴史[編集]

1955年2月に開館した愛知県文化会館美術館を前身とする[2]。愛知県文化会館はサンフランシスコ講和条約締結の記念事業として建設された施設であり、美術館、講堂、愛知図書館(現・愛知県図書館)を内包していた[3]。愛知県文化会館は今日のオアシス21の場所に所在した[3]

1992年には愛知芸術文化センター内に愛知県美術館が開館した。

特徴[編集]

ピカソ、マティス、クリムトを始め、梅原龍三郎、安井曾太郎、横山大観、菱田春草など、国内外の20世紀美術を中心に収蔵する。また名古屋の著名な美術品コレクターであった木村定三から、浦上玉堂与謝蕪村などの江戸絵画、小川芋銭や熊谷守一などの近代日本絵画、更には陶磁器・仏教彫刻・考古遺物など、重要文化財3件(6点)を含む約3000点を寄贈され、今や20世紀美術に留まらず、古今東西を網羅する総合美術館となっている。

歴代の館長には浅野徹、長谷川三郎、市川政憲、牧野研一郎、村田眞宏がおり、2015年から島敦彦が務めている。

主な収蔵品[編集]

西洋画[編集]

日本洋画[編集]

日本画[編集]

陶磁器[編集]

  • 長次郎作 - 黒楽 筒茶碗 銘「苔清水」
  • 志野茶碗(桃山時代) 銘「鵬」
  • 黒織部茶碗(桃山時代) 銘「菱餅」

その他[編集]

コルネリス・ジットマン カリブの女(屋外展示場)
  • 紺紙銀字華厳経(東大寺二月堂焼経)

指定文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 紙本著色山紅於染図 浦上玉堂
  • 紙本墨画淡彩秋色半分図・紙本墨画淡彩酔雲醒月図・紙本墨画山水図・五言絶句 浦上玉堂筆
  • 紙本墨画淡彩富嶽列松図 与謝蕪村

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2

交通[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【人事】 平成27年度 美術館・博物館 新館長人事”. Art Annual online. 2015年7月12日閲覧。
  2. ^ 施設概要 愛知県美術館
  3. ^ a b 開館から50年 愛知県文化会館愛知図書館 愛知県図書館
[ヘルプ]

外部リンク[編集]