富永直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富永 直樹(とみなが なおき、本名 富永 良雄、1913年大正2年)5月18日 - 2006年平成18年)4月11日)は日本彫刻家長崎県長崎市生まれ。

プロフィール[編集]

東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科塑像部首席卒業。同研究科卒業。1972年昭和47年)日本芸術院賞受賞[1]1974年(昭和49年)日本芸術院会員に任命。1984年(昭和59年)に文化功労者、勲三等瑞宝章受章。1989年(平成元年)に文化勲章受章。1990年(平成2年)長崎名誉県民顕彰。日展理事、理事長を歴任。その後、日展顧問となる。1997年新宿区名誉区民。

代表作品として文部大臣賞を受賞した「平和の叫び」(1968年)、「トーマス・ブレーク・グラバー之像」(1961年)などがある。また現在トッパン・フォームズ株式会社のエントランスには「青春の賛歌」が置かれている。

また、三洋電機に在籍しインダストリアルデザインの祖としても活躍し、黒電話4号機の意匠を手がけたほか、日本初のカラー電話、家具調テレビなどのデザインも行った。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1972年4月12日(東京本社発行)朝刊、23頁。

外部リンク[編集]