山勢松韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山勢 松韻(やませ しょういん)は、山勢派(山勢家)を中心とした山田流箏曲家の名跡。3代あるいは6代を数える。

初代[編集]

弘化2年7月28日1845年8月30日) - 1908年9月9日

山勢派の3世家元。本名は吉田専吉ないし千吉。3歳で失明。2世山勢検校に師事し山清勾当、山勢勾当などを経て山勢松韻を名乗る。また明治元年には3世山勢検校を襲名し山勢派3世家元となる。1880年文部省音楽取調掛に出仕、1890年東京音楽学校開校式のために「都の春」を作曲。1891年東京音楽学校(現東京藝術大学)教授。「朧月」「花の雲」「四季の友」などの作品がある。多弦箏を開発。門下に初代萩岡松韻今井慶松などがいる。

2代[編集]

1916年1月20日 - 2003年11月5日

女性。5代とすることもある。東京出身。旧姓は木原。本名は良子。初代の養女山勢ふくの養女となる。初代萩岡松韻、今井慶松らに師事、1936年山田流山勢家5代、2代山勢松韻を襲名。2000年家元を3代に譲り崇華(そうか)を名のる。

3代[編集]

1932年12月6日 - )

女性、日本藝術院会員。6代とすることもある。東京出身。本名は木原司都子(しづこ)。幼少より姉の2代松韻に師事。東京藝術大学で中能島欣一に師事、卒業後大学院修士課程修了。清元志寿太夫杵屋正邦矢木敬二に師事。NHK邦楽技能者育成会第一期修了。1986年より三度文化庁芸術祭賞受賞。1989-2000年東京芸大客員教授。1996年芸術選奨文部大臣賞受賞。1998年紫綬褒章受章。2000年山田流山勢家6代、3代山勢松韻を襲名。2001年人間国宝。2002年日本芸術院賞。2008年芸術院会員。2013年文化功労者[1]

[編集]

  1. ^ 邦楽の友レーベル 山勢松韻

参考文献[編集]

  • 朝日日本歴史人物事典
  • 日本人名大事典