洋画家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洋画家(ようがか)とは、明治維新以降の日本人の画家のうち、「洋画」(西洋から伝わった油彩画水彩画)を制作する画家を指す。日本画家と対照する際に用いられる言葉である。なお、洋画家という表現は、当人が自称するよりは新聞などの画家の経歴紹介や訃報などにおいて、よく見受けられる。

日本人以外の海外の画家に対しては用いないため、ミケランジェロ・ブオナローティパブロ・ピカソを洋画家とは呼ばない。また、平賀源内は油絵を描いたが画業を営んでいたわけではないため、やはり洋画家とは呼ばない。近代以降の日本の絵画が、日本画と洋画という2つのジャンルに分かれてからの言葉である。

日本の主たる洋画家[編集]

江戸時代生まれ[編集]

戦前生まれ[編集]

明治生まれ[編集]

大正生まれ[編集]

昭和戦前生まれ[編集]

戦後生まれ[編集]

関連項目[編集]