清水六兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 六兵衛(きよみず ろくべえ)は、江戸時代中期以来の清水焼陶工の名跡。 三代目Jsoul Brothersのパフォーマー山下健二郎の先祖でもある

初代[編集]

元文3年(1738年) - 寛政11年(1799年)3月)
摂津国東五百住村(現・高槻市)生まれ。幼名は古藤(ことう)栗太郎。寛延年間に京に出て清水焼海老屋清兵衛に師事し、1771年明和8年)独立して五条坂建仁寺町に窯を開き、名を六兵衛と改める。
妙法院宮御庭焼黒楽茶碗を供して六目印を受け、天竜寺桂洲和尚より六角内に清字の印を受ける。土焼風の抹茶器、置物などを製作。号は愚斎。

2代[編集]

(寛政2年(1790年) - 万延元年(1860年)3月)
初代の子。文化8年(1811年)2代目を襲名。白磁器を焼く。号は静斎。

3代[編集]

文政5年9月1日1822年10月15日) - 明治16年(1883年6月4日
2代の次男。1853年嘉永6年)、京都小御所に大雪見灯籠二基を焼成する。号は祥雲。
1868年頃、古藤六兵衛を清水(しみず)六兵衛に改める。
海外にも積極的に出品し賞を受賞。

4代[編集]

嘉永元年(1848年) - 大正9年(1920年)11月)
3代の長男。のち清水六居東京国立博物館蔵大灯籠を制作。号は祥鱗。

5代[編集]

1875年3月6日 - 1959年8月1日
4代の長男。のち清水六和。清水の読みを「きよみず」に改める。

6代[編集]

1901年9月13日 - 1980年4月17日
5代の長男。名は清水正太郎。
1931年1934年帝展で特選。

7代[編集]

1922年5月15日 - 2006年7月21日
6代の長女と結婚後、養嗣子となる。東京芸術大学美術学部鋳金科卒業。
1967年から1987年まで作陶を中止、清水九兵衛を名乗り彫刻家として活躍、“Affinity”(親和)と題するシリーズ作品が著名、受賞多数。
1981年に7代目を襲名するも作陶再開は1987年

8代[編集]

1954年 - )
7代の長男。名は清水柾博。2000年に8代を襲名。
京都造形芸術大学教授

外部リンク[編集]