大久保作次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大久保 作次郎(おおくぼ さくじろう、1890年11月24日 - 1973年2月28日)は、洋画家日本芸術院会員。

経歴[編集]

大阪市生まれ。旧姓・氏原。1915年東京美術学校西洋画科卒業。同校研究科に進み、1918年修了。1916年-1918年文展特選。1923年渡仏、1927年帰国、帝展審査員。1936年創元会を結成、戦後は1950年日展運営会参事、また同年より1954年まで旺玄会会員、1955年新世紀美術協会を結成、1958年日展評議員、1960年「市場の魚店」で日本芸術院賞受賞、1963年芸術院会員、日展理事、1966年勲三等瑞宝章受章、1969年日展顧問。

画集[編集]

  • 大久保作次郎画集 美術工芸会 1932
  • 大久保作次郎画集 サンケイ新聞社出版局 1971