荒川洋治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

荒川 洋治(あらかわ ようじ、1949年4月18日 - )は、日本現代詩作家随筆家である。愛知淑徳大学教授。本名の読みはひろはる

来歴・人物[編集]

福井県三国町に生まれる。福井県立藤島高等学校早稲田大学第一文学部文芸科卒業。卒業論文として提出された『娼婦論』は平岡篤頼の推薦で小野梓記念賞芸術賞を受賞[1]。26歳で詩集『水駅』を刊行し、H氏賞を受賞、以後、多くの詩集随筆評論を刊行している。日本近代小説の読み巧者でもある。1974年から詩を専門にする出版社である紫陽社を経営。大阪文学学校青山学院大学早稲田大学などで教壇に立つ。2013年、愛知淑徳大学教授。

『坑夫トッチルは電気をつけた』で、「宮沢賢治研究がやたらに多い。研究に都合がいい。それだけのことだ」と書き、一人の詩人に多くの研究者が群がる事態を批判するなど、党派にとらわれない鋭い指摘を、詩、エッセイの双方で展開している。長く務めた文芸時評では、大江健三郎笙野頼子を厳しく批判するなど、いわゆる「文壇」的な発言をあまり行わない異色の存在である。「詩人」ではなく「現代詩作家」を名乗る。

2006年11月14日、ラジオ番組『森本毅郎・スタンバイ!』内のコーナー「話題のアンテナ 日本全国8時です」において、名前の読みが本当は「あらかわ ひろはる」であることを明かした。26歳のとき、『朝日新聞』の「ひと」欄で「ようじ」とルビがふられたことから、自身もそう名乗るようになったらしい。

受賞歴[編集]

著作[編集]

詩集[編集]

  • 『娼婦論 詩集』檸檬屋 1971
  • 『水駅 詩集』書紀書林 1975
  • 『荒川洋治詩集』思潮社 1978
  • 『あたらしいぞわたしは 詩集』気争社 1979
  • 『醜仮廬(しきかりいお) 詩集』てらむら 1980
  • 『荒川洋治詩集』思潮社現代詩文庫 1981
  • 『遣唐 詩集』気争社 1982
  • 『針原』思潮社 (現代詩書下し詩集) 1982
  • 『倫理社会は夢の色 詩集』思潮社 1984
  • 『ヒロイン 詩集』花神社 1986
  • 『笑うクンプルング』沖積舎 (現代詩人コレクション) 1991
  • 『一時間の犬 荒川洋治詩集』思潮社 1991
  • 『続・荒川洋治詩集』思潮社(現代詩文庫)1992
  • 『坑夫トッチルは電気をつけた 詩集』彼方社 1994
  • 『渡世 詩集』筑摩書房 1997
  • 『空中の茱萸』思潮社 1999
  • 『荒川洋治全詩集 1971-2000』思潮社 2001
  • 『心理 詩集』みすず書房 2005
  • 『実視連星 詩集』思潮社、2009 
  • 『北山十八間戸』気争社、2016

随筆・評論[編集]

  • 『アイ・キューの淵より エッセイ集』気争社 1979
  • 『詩は自転車に乗って エッセイ集』思潮社 1981
  • 『ボクのマンスリー・ショック』新潮文庫 1985
  • 『シロン85』気争社 1985
  • 『ホームズの車』気争社 1987
  • 『ぼくのハングル・ハイキング』五柳書院 1988
  • 『人気の本、実力の本』五柳書院 1988
  • 『詩論のバリエーション』学芸書林 1989
  • 『ロマンのページにパーキング』毎日新聞社 1990
  • 『読んだような気持ち』福武書店 1991
  • 『ブルガリアにキスはあるか』五柳書院 1991
  • 『世間入門』五柳書院 1992
  • 『乙女入門 ぼくのヒロイン・チェック』広済堂出版 1993
  • 『言葉のラジオ』竹村出版 1996
  • 『夜のある町で エッセイ集』みすず書房 1998
  • 『読書の階段』毎日新聞社 1999
  • 『本を読む前に』新書館 1999
  • 『文学が好き』旬報社 2001
  • 『日記をつける』岩波アクティブ新書 2002/岩波現代文庫 2010
  • 『忘れられる過去』みすず書房 2003 /朝日文庫 2011
  • 『詩とことば』岩波書店〈ことばのために〉 2004
  • 『ラブシーンの言葉』四月社 木魂社(発売) 2005/新潮文庫 2009
  • 『文芸時評という感想』四月社 木魂社(発売) 2005
  • 『世に出ないことば』みすず書房 2005
  • 『黙読の山』みすず書房 2007
  • 『読むので思う』幻戯書房 2008
  • 『文学の門』みすず書房、2009 
  • 『昭和の読書』幻戯書房 2011
  • 『文学のことば』岩波書店、2013 
  • 『文学の空気のあるところ』中央公論新社、2015 
  • 『過去をもつ人』みすず書房、2016 

共編著[編集]

出演番組[編集]

  • 話題のアンテナ 日本全国8時ですTBSラジオ火曜日担当、1991年10月-2013年3月12日)
  • テレフォン人生相談ニッポン放送系、1990年代に担当)
  • 視点・論点「文学作品の中の“夏休み”」(NHK教育、2003年8月7日)
  • 視点・論点「偉人伝」(NHK教育、2006年2月17日)
  • 視点・論点「スクラップの楽しみ」(NHK教育、2007年5月31日)
  • 視点・論点「文学談義」(NHK教育、2007年11月1日)
  • 視点・論点「本をつくる世界」(NHK教育、2008年3月11日)
  • 視点・論点「労働者の文学」(NHK教育、2008年11月5日)
  • 視点・論点「聞こえる言葉」(NHK教育、2009年4月22日)
  • 視点・論点「再学習の風景」(NHK教育、2010年5月28日)
  • 視点・論点「地域出版の歩み」(NHK教育、2010年11月24日)
  • 視点・論点「新訳で読む名作」(NHK教育、2011年5月9日)
  • 視点・論点「言葉のある風景」(NHK教育、2015年3月4日)
  • 視点・論点「高見順 没後50年」(NHK教育、2015年10月5日)
  • 視点・論点「シリーズ・次世代への遺産 大岡 信」(NHK教育、2017年12月22日)

脚注[編集]

  1. ^ なお、当初卒論は「吉岡実論」にしようと決めていたが、文芸科の卒論は創作でいいといわれ、大学3年のときに出版した『娼婦論』を原稿用紙に書き直し、卒論として提出した。(荒川洋治 「卒論の思い出」『過去をもつ人』 みすず書房、2016年)

関連項目[編集]