菅野昭正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菅野 昭正(かんの あきまさ、1930年1月7日 - )は、日本文芸評論家フランス文学者東京大学名誉教授。読売文学賞選考委員。世田谷文学館名誉館長。旭日中綬章受章。日本芸術院会員。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。浦和高等学校(旧制)を経て、東京大学文学部仏文学科卒業。1954東京大学助手、1957年明治大学講師助教授、1972年東京大学文学部仏文科助教授、1982年教授、1990年定年退任後は名誉教授白百合女子大学教授。

1997年紫綬褒章受章。2003年、日本芸術院会員。2006年、旭日中綬章受章。2007年、世田谷文学館館長。2021年4月、館長を退任し名誉館長(後任は亀山郁夫)。2022年(令和4年度)歌会始の召人となる。

人物[編集]

  • 現代フランス文学の翻訳が多数刊行、近現代日本文学の研究も盛んに行っている。
  • 1981年から2001年まで「東京新聞」などで文芸時評を担当、のちに『変容する文学の中で』として刊行された。

受賞歴 [編集]

著書[編集]

  • 『詩の現在 12冊の詩集』集英社 1974年
  • 『小説の現在』中央公論社〈中公叢書〉 1974年
  • 『詩学創造』集英社 1984年/平凡社ライブラリー 2001年
  • 『ステファヌ・マラルメ』中央公論社 1985年
  • 横光利一福武書店 1991年
  • 『小説を考える 変転する時代のなかで』講談社 1992年
  • 『セイレーンの歌 フランス文学論集』小沢書店 1993年
  • 『永井荷風巡歴』岩波書店 1996年/岩波現代文庫 2009年
  • 『変容する文学のなかで 上 文芸時評1982-1990』集英社 2002年
  • 『変容する文学のなかで 下 文芸時評1991-2001』集英社 2002年
  • 『変容する文学のなかで 完 文芸時評2002-2004』集英社 2007年。「現在文学史年表」「作者名・作品名索引」付
  • 『憂鬱の文学史』新潮社 2009年 
  • 『明日への回想』筑摩書房 2009年 
  • 『小説家 大岡昇平』筑摩書房 2014年
  • 『小説と映画の世紀』未來社 2021年

翻訳 [編集]

『世界文学全集 第17巻』 集英社, 1976年、新版1979年。抜粋「ポケットマスターピース フローベール」集英社文庫ヘリテージシリーズ, 2016年

共著・編著[編集]

脚注[編集]