白井浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白井 浩司(しらい こうじ、1917年10月19日 - 2004年11月1日)は、日本フランス文学者翻訳家慶應義塾大学名誉教授

人物[編集]

東京府生まれ。早川千吉郎の三男だが次男とともに白井秀の養子となり、白井姓を名乗る[1]暁星中学校を経て慶應義塾大学文学部仏文科卒。1942年NHK国際局海外放送フランス語班に勤務、1945年9月NHK退職。1947年慶應義塾大学予科講師、サルトルの『嘔吐』(を翻訳し、実存主義ブームのきっかけを作り、その後もカミュロブ=グリエなどを翻訳紹介。1958年慶應義塾大学文学部教授。1966年第2回辰野隆賞受賞、1976年フランス政府より教育功労章授与。1978年『アルベール・カミュ その光と影』(で読売文学賞受賞。1982年定年退任し名誉教授。1983年京都外国語大学教授。

1974年、日本ペンクラブ理事として訪韓した際、詩人・金芝河の逮捕に関し「金氏の逮捕は文学活動の弾圧ではない」と発言し論議を呼び、ペンクラブ理事を辞任。「新しい歴史教科書をつくる会」賛同者名簿にも名を連ねた。

著書[編集]

共著編[編集]

翻訳[編集]

佐藤朔, 菅野昭正, 望月芳郎, 若林真, 高畠正明, 清水徹, 渡辺一民共訳

サルトル[編集]

  • 『嘔吐』(ジャン・ポオル・サルトル、青磁社) 1947、のち人文書院 1951、のち改訳版 1994
  • 『自由への道』(サルトル、佐藤朔共訳、人文書院、サルトル全集1~3) 1950 - 1952
  • 『汚れた手』(サルトル、人文書院、サルトル全集7) 1951
  • スターリンの亡霊』(サルトル、人文書院、サルトル全集22) 1957
  • 『殉教と反抗』全2巻(サルトル、平井啓之共訳、新潮社) 1958、のち新潮文庫
    • 『聖ジュネ』(平井啓之共訳、人文書院、サルトル全集34・35) 1966

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『現代財界家系譜』( 第1巻、現代名士家系譜刊行会、1968、p523