ボヴァリー夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボヴァリー夫人
Madame Bovary
初版の扉ページ
初版の扉ページ
作者 ギュスターヴ・フローベール
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌連載
初出 パリ評論1856年10月-12月
刊行 1857年4月、レヴィ書房
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボヴァリー夫人』(ボヴァリーふじん、:Madame Bovary)は、ギュスターヴ・フローベール長編小説。田舎の平凡な結婚生活に倦んだ若い女主人公エマ・ボヴァリーが自由で華やかな世界に憧れ、不倫借金地獄に追い詰められた末、人生そのものに絶望し服毒自殺する物語。19世紀フランス文学の名作と位置づけられているフローベールの代表作である[1]1856年10月から12月にかけて文芸誌『パリ評論』に掲載され、翌1857年1月に風紀紊乱の罪で起訴されたが2月に無罪判決を勝ち取り、同年4月にレヴィ書房より出版されるや、裁判沙汰の効果もあり飛ぶように売れて、たちまちベストセラーとなった[2][3]

フローベールはこの作品に約4年半の歳月をかけ、その執筆期間に徹底した文体の彫琢と推敲を行なった[2]ロマン主義的な憧れが凡庸な現実の前に敗れ去れる様を、精緻な客観描写、自由間接話法(作中人物の内面から生れる言葉をいきいきと再現させる特色を持つ)を方法的に多用した細かな心理描写、多視点的な構成によって描き出したこの革命的な作品は、フランス近代小説を代表する傑作となり[2]、作中人物に寄り添ったその「視点」の小説技法は、その後のジェイムズ・ジョイスをはじめとする前衛的小説やヌーヴォー・ロマンの先駆けとしても位置づけられている[4]サマセット・モームは『世界の十大小説』の1つに挙げている。

言語の美を構築した『ボヴァリー夫人』は、写実主義を憎悪したフローベールの意に反して写実主義の傑作と評され、彼は「リアリズムの父」と呼ばれるようになった[3][4]。「ボヴァリー夫人は私なのです」とフローベール自身が言ったという逸話があることでも有名で、夢と現実の相剋に悩むヒロインの性癖を表わす「ボヴァリスム」という言葉も生まれた[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

第一部[編集]

ある日、ルーアンの年少学校に内気そうな田舎の少年が転入してくる。シャルル・ボヴァリーという名の彼は、退職した軍医補の息子であった。まじめな勉強ぶりで中程度の成績を保って落第せず、そのうち親の希望で医学校に進み、トストの開業医となった。

仕事に就いたシャルルは両親の勧めるまま、持参金のたっぷりある年上の45歳の未亡人エロイーズと結婚する。しかし結婚後、やきもち焼きのこの女性は自分の資産について嘘をついていたことが判明、舅と姑に糾弾され、まもなく心労がもとで喀血し急逝してしまう。

独身者となったシャルルはしばらく気落ちしていたものの、以前に骨折を往診治療した農夫ルオーの親切に触れて親しく通うようになり、その一人娘エマに惹かれて彼女に求婚する。承諾が得られると客を大勢招いた田舎風の結婚式を執り行って、それから新たな結婚生活が始まった。

エマは修道院出の夢見がちな女性で、小説や物語を読みロマンティックな空想に浸るのが好きだった。実家の田舎暮らしに飽き飽きして結婚したエマだったが、やがてこの結婚生活にも、自分が考えていたような恋の情熱も湧き立つような幸福も見出せないことに幻滅し始める。

その思いは、ある日夫妻で侯爵家の舞踏会に招かれたことでいっそう強くなっていく。侯爵たちの豪華な生活と比べ、自分の平凡な家庭、とりえのない凡庸な夫が心底嫌になり、都会の社交生活に加われない自分を不幸な人間だと考えるようになる。

第二部[編集]

妻の神経症的な変調を場所のせいだと考えたシャルルは、決心してトストを捨てヨンヴィル・ラベーという村に移り住むことに決める。ラベーでは俗物的な薬剤師オメー、その家の下宿人で公証人書記の青年レオンといった人物と交流し、田舎の新しい生活、出産といった出来事でエマの気はやや紛れる。

エマはレオンに惹かれていき、レオンもまた彼女に憧れるが、どちらからも言い出せないまま進展せず、レオンは法律の勉強のため都会生活のほうに惹かれてパリへ向かってしまう。エマは幻滅し再び耐え難い退屈を感じ始める。

そんな中、資産家の田舎紳士ロドルフが下男(雇い人)に瀉血を施してやるためにシャルルを訪ねてくる。エマに目をつけた遊び人のロドルフは、村で開かれた農業公進会の際に周りの目を盗んでエマに迫る。エマはロドルフの世慣れた態度に引かれ、誘われた乗馬についていった際に、森の中で体を許してしまう。

それから夫の目を盗んでの逢引きが始まる。エマは毎日のように熱心に恋文を送り、恋愛を味わう幸福に浸る。一方、夫のシャルルはオメーにそそのかされて足の外科手術に手を出して失敗し、患者である宿屋の下男の足を切断させることになってしまう。

夫の才能の無さにいっそうの幻滅を感じるエマだったが、このとき義足を用立てた商人ルウルーに次第に気を許し、彼の勧めるままにぜいたく品をつけで買うのが習い性になる。エマは人目を盗んでの逢引きに飽き足らず、ロドルフに駆け落ちをするように迫る。しかし自分の生活を捨てる気のないロドルフは駆け落ちの約束を破り、エマに別れの手紙を書いて馬車で姿を消す。

ショックを受けたエマはヒステリックになり、やがて反動で信心深くなって信仰に救いを求めるようになっていく。そうした中、エマは夫に誘われて気晴らしのためにルーアンへ観劇に出かけ、住まいをルーアンに移していたレオンと3年ぶりに偶然再会する。

第三部[編集]

再会したエマとレオンは互いの情熱を復活させ、エマはピアノの稽古にいくという口実を設けて毎週レオンに会いに行くようになった。その一方で、つけで買ったぜいたく品のために高利貸しのルウルーへの借金がどんどん膨らんでいく。エマは夫に知られないように地所を売るなどしていたが品物を買う癖が抜けず、ついに裁判所から差し押さえの通知が来る。

エマは返済のために奔走し、レオンやかつての恋人ロドルフのもとに助けを求めるが金は得られず、絶望の末に薬剤師の家に忍び込んで砒素を飲んでしまう。エマは応急処置もむなしく衰弱していく。

やがて死の床で司祭から聖油を受けると、宗教的な荘重さによって慰謝されたかに見えたが、最後の瞬間にまるで彼女の人生をあざけるように乞食の歌う卑猥な歌が聞こえてくる。エマは狂ったように笑い、息絶える。

シャルルは家具類をあらかた差し押さえられた上になお多額の借金が残った。彼はいまだに妻の不貞に気が付いておらず、なぜこんなことになったのか理解できないまま、思い描いていた幸福な人生が突如として不幸に断ち切られたことに呆然となる。

その後は妻を神聖視して自身も彼女のような生活態度を取ろうとしたために、借金のためにどんどん貧しくなり、娘に満足な服も買ってやることができない。そうしてある日、とうとうエマの机から不貞の証拠となる手紙を見つけてしまう。

一方で、薬剤師のオメーは商売が成功し、新聞に気の利いた記事を書いて送り、子供も順調に育って幸福な生活を送っていた。ただ一つの不満は、自分にレジオン・ド・ヌール勲章が贈られないことだ。オメーは庭に勲章の星印をかたどった芝生を作らせ、受章の知らせを毎日待って、最後には念願の勲章を貰い受ける。

最後、シャルルは庭先でエマの遺髪を握りしめたまま頓死し、娘のベルタは遠い親戚に引き取られた後、工場へ働きに出される。

登場人物[編集]

エマ・ボヴァリー
ヒロイン。片田舎の農民の娘。修道院の寄宿学校の出身。シャルルとの結婚生活に幻滅している。 
シャルル・ボヴァリー
エマの夫。医師。凡庸で小市民的な会話しかせず、結婚生活に安閑と落ちついて重々しく構えている。エマが理想とする男性像とかけ離れ、水泳もフェンシングもできず、ピストルも撃てない。
ベルタ・ボヴァリー
シャルルとエマの娘。
オメー
ヨンヴィル村の薬剤師。俗物。
レオン・デュピュイ
オメー家の下宿人。書記官。エマの不倫相手。
ロドルフ・ブーランジェ
遊び人の田舎紳士。エマの不倫相手。
ルウルー
ヨンヴィル~ルアンの商人。
ルフランソワ
ヨンヴィル村の宿「金獅子」の経営者。
エロイーズ
シャルルの最初の妻。
ジュスタン
オメーの使用人。エマに密かに憧れている。
イポリット
金獅子の下男。鰐足の手術を受ける。
テオドール・ルオー
農場主。エマの父親。

成立起源神話・反響[編集]

ボヴァリー夫人をメスで切り刻むフロベール。サント・ブーヴの評を踏まえた戯画。

『ボヴァリー夫人』は、35歳となっていたフローベールが公に発表した事実上のデビュー作である。習作時代にはロマン主義文学に熱狂していたフローベールだったが、友人マクシム・デュ・カンの『文学的回想』によれば、1849年9月に完成させた『聖アントワーヌの誘惑(第一稿)』をフローベールがデュ・カンとブイエの前で朗読した際、過剰な抒情性や比喩表現の仰々しさを2人は感じ、「ぼくたちは、そいつを火にくべてしまうべきだと思うよ。もう二度と話題にしてはいけないよ」とブイエはフローベールに言った[2][5]

ブイエは、気落ちするフローベールに、実際に起っていたスキャンダルな事件(フローベールの父の弟子で軍医のドラマールとその後妻の若妻の自殺事件)を題材にしたらと提案した[2][5]。デュ・カンと一緒に1849年10月から1851年6月までエジプトベイルートパレスチナエルサレムダマスカスイタリアに旅したフローベールは、1851年9月から『ボヴァリー夫人』の執筆に取り組んだ[2]。4年半の執筆の間、当時の恋人のルイーズ・コレと恋愛中であったフローベールは、彼女に作品の推敲や進行状況を手紙で伝えている[2][3]

そして推敲を重ね、1856年4月にほぼ完成すると、友人デュ・カンは自身が編集人をしている雑誌『パリ評論』への掲載をフローベールに依頼し、同年10月から12月まで連載された[2]。訴追を怖れたデュ・カンの懇願により一部分は削除されていたものの、「公衆の道徳および宗教に対する侮辱」罪として1857年1月に告訴されるが、2月7日に無罪となった(「ボヴァリー裁判」)[2]

裁判沙汰が逆に宣伝となり、4月に本が発売されると飛ぶように売れてベストセラーとなったが、当時の雑誌・新聞の書評は厳しいものが多かった。『ル・モニトゥール』ではサント・ブーヴが、幾分厳しい評価をした後でフローベールの文章を外科医のメスに喩えている[6]ボードレールは『ラルティスト』に好意的な評を書き、「エンマはほとんど男であり、著者は(おそらく無意識のうちに)あらゆる男性的な資質でこの女性を飾ったのだ」と、エマに作者自身が投影されていることをいち早く見抜いて作者フローベールを喜ばせた[2]

ボードレールの理解のように、エマの取り付かれている様々なロマン派的な空想や憧れには作者自身の資質がそのまま反映されていると見ることもでき、フローベール自身が「ボヴァリー夫人は私なのです」と言った有名な逸話が伝説のようになっている[2][3]。このエマの人物造形は、のちに理想と現実の相違に悩む様を指す「ボヴァリスム」という言葉も生んだ[1][3]

作品の舞台の一つルーアンは作者自身の生まれ故郷であり、エマが移り住む架空の村ヨアンヴィル・ラベーもルーアン近郊の村リーがモデルとされている。小説の発表以来モデルの詮索が後を絶たず、エマやその他の登場人物についても様々な推測が成されてきた。上記の友人の1人であり掲載誌『パリ評論』編集人のマクシム・デュ・カンは、フローベールの没後間もなく刊行された『文学的回想』にて、医師であったフローベールの父の弟子である軍医ドラマールとその後妻の若妻(ただし著書では間違って「ドローネー」となっている)が小説のモデルであると証言している[2]

リー村に開業した軍医ウージェーヌ・ドラマールは、年上の妻に先立たれた後再婚したが、その若妻は他の男との情事に走ったうえに借金を重ねて服毒自殺、夫も後を追って自殺している。デュ・カンによれば、『聖アントワーヌの誘惑』朗読の際にブイエが、この事件を題材にしてはどうかとフローベールに提言し、その後にデュ・カンとフローベールが2人で行ったエジプト旅行でナイル川の瀑布を見学している際、フローベールが主人公の名を思いつき、1850年3月に「エウレカ!(見つけた!)」と叫んだとされる[2]

しかし、『聖アントワーヌの誘惑』朗読の時期には、まだドラマールが生存していたことが判明しており、フローベールの書簡類と照らし合わせると、6月のブイエ宛の手紙で、「僕には草案も着想も計画もない」と述べているなど矛盾した点も多く、近年ではデュ・カンの証言自体の信憑性に疑問が呈されている[5]

翻案[編集]

1933年のジャン・ルノワールによる映画化フランス語版をはじめ、ヴィンセント・ミネリ(1949年)クロード・シャブロル(1991年)フランス語版アレクサンドル・ソクーロフ(1989年/2009年)英語版ソフィー・バルテス(2014年)英語版による映画化作品があり、テレビ映画での翻案も多い。

日本版では『コミック版世界の文学シリーズ ボヴァリー夫人』いがらしゆみこが漫画化を手がけている(中公文庫、1997年)。イラスト本でのダイジェストに『ボヴァリー夫人 文芸シリーズ』(姫野カオルコ・文/木村タカヒロ・絵、角川書店、2003年)がある

日本語訳[編集]

日本では1916年大正5年)に中村星湖によって初めて完訳され、早稲田大学出版部より『ボワ゛リイ夫人』として刊行されるが発禁となった。1920年に解除され、のち新潮社で再刊されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この小説から生まれた「ボヴァリスム」という造語は、現実の自分とは違う自分を想い描き、それを実現できない無力感に苛立つことであり、それが嵩じると、人生への漠然とした全面的欲求不満に苛まれ出す、といった様相の概念として、今日では辞書にも載るようになった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「7 フローベール『ボヴァリー夫人』 工藤庸子解説」名作 2016, pp. 125-142
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 芳川泰久「解説」(芳川 2015, pp. 638-660)
  3. ^ a b c d e 今村 2004
  4. ^ a b 「まえがき」(松澤 2004
  5. ^ a b c 「第一章『ボヴァリー夫人』の誕生 二 起源神話とその瓦解」(松澤 2004, pp. 7-25)
  6. ^ トロワイヤ 2008, pp. 157-158

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 工藤庸子 『恋愛小説のレトリック――「ボヴァリー夫人」を読む』 東京大学出版会、1998年
  • 工藤庸子 『近代ヨーロッパの宗教文化論――姦通小説・ナポレオン法典・政教分離』 東京大学出版会、2013年
  • マリオ・バルガス=リョサ/工藤庸子訳 『果てしなき饗宴 フロベールと「ボヴァリー夫人」』 筑摩書房〈筑摩叢書〉、1988年
  • 工藤庸子編訳 『ボヴァリー夫人の手紙』 筑摩書房、1986年
  • 諏訪裕 『ボヴァリー夫人 主題と変奏』 近代文芸社、1996年
  • 蓮實重彦 『「ボヴァリー夫人」論』 筑摩書房、2014年
  • 蓮實重彦 『「ボヴァリー夫人」拾遺』 羽鳥書店、2014年
  • 芳川泰久 『「ボヴァリー夫人」をごく私的に読む』せりか書房、2015年

外部リンク[編集]