早川千吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
早川千吉郎

早川 千吉郎(はやかわ せんきちろう、文久3年6月21日1863年8月5日) - 大正11年(1922年10月14日)は、明治大正期の官僚実業家政治家

経歴[編集]

石川県金沢市出身。明治20年(1887年)、東京帝国大学法科大学政治学科卒業。明治22年(1889年)、同大学院農政学研究科修了。明治23年(1890年)1月、大蔵省入省。明治32年(1899年日本銀行監理官。明治33年(1900年)辞職。

明治34年(1901年)、三井銀行専務理事。明治42年(1909年)三井銀行常務取締役。大正7年(1918年)、三井合名会社副理事長。大正9年(1920年)から大正11年(1922年)まで貴族院議員。加越能(石川・富山県)出身者のための東京の寄宿舎「久徴館」の館長を長く務めたほか、1916年には、地方改良運動の実施機関として設立された半官半民の教化団体「中央報徳会」に青年部を創設し、理事長を務めるなど青年教育にも尽力した[1]1920年(大正9年)6月2日、貴族院勅選議員に任じられた[2]

大正10年(1921年)5月、南満洲鉄道株式会社社長に就任し、論稿「日支共存共栄」を雑誌『斯民』第17編第1号を発表[1]。在職中の大正11年(1922年)10月、奉天高等小学校で演説中に突然卒倒し[3]、死去。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 財閥経営者とキリスト教社会事業家 II 瀬岡誠、国連大学人間と社会の開発プログラム研究報告、1983年
  2. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日。
  3. ^ 『会員追悼録』p51日本工業倶楽部, 1925
  4. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。