仙石貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙石貢

仙石 貢(せんごく みつぎ/せんごく みつぐ[1]安政4年6月2日1857年7月22日)- 昭和6年(1931年10月30日)は、日本鉄道官僚実業家政治家高知県高知市出身。工学博士。没後勲一等旭日大綬章追贈(昭和6年10月30日付)。

「雷大臣」などといわれ、一生奇行で通した人物であるが、鉄道技術者、経営者として果たした功績は大きい。

略歴[編集]

栄典[編集]

主な事跡[編集]

仙石貢
浴衣の卒業式
東京帝国大学の卒業式に洗いざらしの浴衣で出席した、というエピソードがある。当然関係方面から苦情が来たが、「天にも地にも此れ1枚しかない」と言って押し通した。
甲武鉄道(現:中央本線)の直線
甲武鉄道の工事担当者であった時期、中野~立川間の線路敷設で悩んでいた。青梅街道甲州街道沿いに敷設したかったが、当時鉄道敷設には強烈な反対運動が起こっていた。しかし、反対運動がないところを通せば、利用客は少ない。悩みに悩んでついに怒り心頭に発し、地図上に「えい、やっ」と、一直線の赤線を引いた。これが、現在の中野駅から立川駅に至る約25kmの直線であるという。当時は、一面の原野と畑だった。この話については「測量技師がルート選定にいろいろ注文を付けられて腹を立て、放り投げた定規が地図の上に落ちたところに決めた」という異説もある。なお、これらの説について青木栄一は、「鉄道建設の常識から考えておかしい」(一直線の線路は願ってもない理想のルートであり、反対運動に遭って仕方なく選ぶようなものではない。また、そもそも街道沿いに反対運動が起こっていたという明確な証拠がない)と否定している[6]
日本鉄道(現:東北本線)建設の猛烈監督
栗橋から宇都宮までの建設を担当した。朝は5時に起きて床の中での朝食後、洗顔もせずに靴を座敷ではいて現場に行き、昼食は付近のから野菜をもぎとり、一日中歩きまわって親方達を督促し、が出るまでは工事をやめさせないという仕事ぶりを発揮した。測量などでは邪魔になる家屋があると無断で壁に穴をぶちあけるという奇行ぶりであったという。しかし、工学士としてはじめて鉄道をつくっただけあり、それまでの線路より合理的に作られていると評判になった。
碓氷峠のアプト式鉄道建設
碓氷峠を越える鉄道建設ルートの検討では、25‰から100‰にも達する急勾配線、ループ線スイッチバック鋼索鉄道などが候補に挙がっていた。しかし鉄道局長官井上勝は、当時ドイツに留学中の仙石と吉川三次郎からの報告により、明治18年(1885年)ドイツで60‰の勾配をラックレール(歯型レール)で登る鉄道が完成したことを知り、横川軽井沢間をアプト式鉄道で建設することを決定した。明治24年(1891年3月24日に着工し、明治26年(1893年4月1日に開通している。
九州鉄道の改革
明治29年に筑豊鉄道社長に就任したのち、九州内の鉄道経営の合理化を図って会社合併を進めた。2年後に結実し、筑豊鉄道の経営陣を加えた新たな経営陣での九州鉄道が創立され、社長に就任、サービスの改善や設備の改良に努めた。末期には、豪華客車をアメリカのブリル社に発注したりもしているが、日本に到着したのは同社の国有化後で、満足に活用されることはなかった。なお、この九州鉄道の社長時代にしばしば山陽鉄道を利用したが、そのスピード運行ぶりには批判的な感想を残している。
鉄道広軌化
仙石は鉄道広軌化論者であり、鉄道院総裁時にはいろいろな献策をしている。詳しくは日本の改軌論争を参照。
電車運転不調の謝罪広告
1914年(大正3年)12月20日東京駅開業に合わせ、東京駅 - 高島町仮駅(後の二代目横浜駅)の間で京浜線電車の運転を開始した。しかし、軌道が固まっていなかったことや米国製パンタグラフの不調もあって、運行開始当日から電車が立ち往生するトラブルが発生。翌日、鉄道院総裁である仙石の名前で新聞に謝罪広告が掲載されるに至った。その後もトラブルが続発したことで、同年12月26日から半年近く休止に踏み切り、対策を講じた上で翌年5月10日に運行を再開した。
政界進出、晩年
仙石は憲政会民政党を支援し、自らも衆議院議員鉄道大臣を歴任。浜口雄幸内閣では南満州鉄道総裁に就任し、鉄道人として栄達を極めた。しかし糖尿病の悪化により、その才を発揮できないまま辞任。まもなく亡くなった。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  2. ^ 「博士授与式」東京日日新聞明治24年8月25日『新聞集成明治編年史. 第八卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『官報』第3988号「叙任及辞令」1896年10月12日。
  4. ^ 『官報』第4021号「叙任及辞令」1896年11月21日。
  5. ^ 『官報』第822号「叙任及辞令」1915年5月1日。
  6. ^ 青木栄一『鉄道忌避伝説の謎』吉川弘文館、2006年、76-77頁
  7. ^ 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年、イ174頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]