石黒五十二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石黒五十二

石黒 五十二(いしぐろ いそじ、安政2年6月10日1855年7月23日) - 1922年大正11年)1月14日)は、明治時代官僚、土木技術者、政治家。

生涯[編集]

加賀藩士・石黒千尋の二男として加賀国石川郡金沢に生まれる。明治維新前は、藩校で修めた西洋砲術を教授していたという[1]

維新後は、加賀藩主の命を受けて大学南校開成学校を経て、後に東京大学)に進み、明治11年(1878年)、土木工学科を卒業。同年、神奈川県土木課に出仕したが、翌明治12年(1879年)、文部省の選抜によりイギリスに留学した[2]。留学中は、アレキサンドリア港の水道工事をはじめ多数の工事に携わったほか、ジョン・フレミングとともにインシュライトの発明を行うなどもした[3]

明治16年(1883年)、日本への帰国後は内務省に出仕し、各地の水道、土木の改良工事に当たった。明治19年(1886年)、佐世保鎮守府の設置が決まると、海軍省技師に兼任され、その創設工事に当たった[4]。 また、三池港門司若松港の築港工事も手掛けた[5]。内務省での部下に高橋辰次郎がいる[6]

土木監督署技監海軍技監を歴任し、明治40年(1907年)12月10日[7]から死去するまで貴族院勅選議員を務め、同成会に属して活動した[8][9]1908年7月1日、錦鶏間祗候を仰せ付けられる[10]

家族[編集]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 『日本博士全伝』314頁『立身致富信用公録 第9編』23頁
  2. ^ 『日本博士全伝』315頁、『立身致富信用公録 第9編』23頁
  3. ^ 『日本博士全伝』316-317頁、『立身致富信用公録 第9編』24頁
  4. ^ 『日本博士全伝』318-319頁、『立身致富信用公録 第9編』24頁
  5. ^ 『日本博士全伝』319頁、『立身致富信用公録 第9編』25頁
  6. ^ 『台湾の官民 評論』51頁
  7. ^ 『官報』第7337号、明治40年12月11日。
  8. ^ 『大正憲政史』332頁
  9. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』95頁
  10. ^ 『官報』第7504号、明治41年7月2日。
  11. ^ a b 千尋∥イシグロ チヒロ國學院大學研究開発推進機構
  12. ^ 箱田良助”. huziitama.web.fc2.com. 2021年3月23日閲覧。
  13. ^ 向島墨堤多話-4 子育地蔵尊 ~箱田良助の子孫たち~” (日本語). 箱田道中. 2021年3月23日閲覧。
  14. ^ 瀬古孝之助『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  15. ^ 進藤貞和「石黒九一氏を偲ぶ」『電氣學會雜誌』第101巻第2号、電気学会、1981年、 85-86頁、 doi:10.11526/ieejjournal1888.101.85ISSN 0020-2878NAID 130003610603
  16. ^ 両大戦間期の対外金融と企業経営科学研究費助成事業 研究成果報告書、2014
  17. ^ 『官報』第354号「叙任及辞令」1884年9月1日。
  18. ^ 『官報』第907号「賞勲叙任」1886年7月10日。
  19. ^ 『官報』第2536号「叙任及辞令」1891年12月11日。
  20. ^ 『官報』第5800号「叙任及辞令」1902年11月1日。
  21. ^ 『官報』第7028号「叙任及辞令」1906年12月1日。
  22. ^ 『官報』第1937号「叙任及辞令」1889年12月11日。
  23. ^ 『官報』第3753号「叙任及辞令」1896年1月4日。
  24. ^ 『官報』第4350号「叙任及辞令」1898年1月4日。
  25. ^ 『官報』第7091号・付録「叙任及辞令」1907年2月21日。

参考文献[編集]

  • 花房吉太郎,山本源太編『日本博士全伝』(博文館、1892年)
  • 『立身致富信用公録 第9編』(国鏡社、1903年)
  • 橋本白水『台湾の官民 評論』(台湾案内社、1919年)
  • 工藤武重『大正憲政史 天皇親政篇』(岡野奨学会、1927年)
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史―貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]