御巫清泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御巫 清泰(みかなぎ きよやす、1934年昭和9年)10月1日[1][2] - 2012年平成24年)7月7日[1][2])は、昭和から平成時代の土木技術者実業家運輸省港湾局長、関西国際空港会社社長を歴任[1][2]

経歴・人物[編集]

1958年(昭和33年)東京大学土木工学科卒業[1]運輸省に入省し、港湾局環境整備課長、港湾局計画課長、港湾局技術参事官、港湾局長などを歴任[1]1998年(平成10年)関西国際空港代表取締役社長に転じ、2003年(平成15年)日本港湾協会会長となった[1]。ほか、土木学会理事、関西支部長などを務めた[1]2005年(平成17年)土木学会功績賞受賞[1]2012年平成24年)7月7日急性硬膜下血腫により死去した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]