岡村甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村 甫(おかむら はじめ、1938年9月18日 - )は、日本の工学者工学博士。専門はコンクリート工学高知工科大学理事長東京大学名誉教授

人物[編集]

高知県出身。東京大学大学院工学系研究科 土木工学専攻 博士課程修了。東京大学工学部学部長、高知工科大学第2代学長を経て高知工科大学理事長。

学生時代は東京大学運動会硬式野球部の投手として、東京六大学リーグ通算71試合登板、17勝35敗、防御率2.82、120奪三振アンダースローから17勝を挙げるが、東京大学の投手として通算最多勝利記録となっている[1]。のちに同大で野球部監督・部長も務めた。

東京六大学野球連盟元理事長。土木学会名誉会員、ACI名誉会員。土木学会論文賞、コンクリート工学協会論文賞、日系BP技術賞、紫綬褒章、土木学会功績賞など。

略歴(主なもの)[編集]

逸話[編集]

土佐高校時代、2年生までに受験勉強を済ませて東京大学への合格の確信を得たことから、3年生になって野球部に入部したという。実際に東京大学工学部に現役合格している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『背番号の消えた人生』211頁

参考文献[編集]