工学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(こうがくぶ)は、工学教育研究を目的とする大学学部のひとつである。一般に、工業大学工科大学は、工学部などの工学系の学部を主体にした単科大学である。

概要[編集]

工学部の教育は、主として技術者及び研究者の養成を目的して行われる。そのため、工学部では、技術そのものに対する研究だけでなく、技術者のあり方などに関しても研究されることがある。沿革をみれば、戦前から工学部を設置していた大学は帝国大学の他には東京工業大学旅順工科大学早稲田大学藤原工業大学(現・慶應義塾大学理工学部)、興亜工業大学(現・千葉工業大学)などわずかであり、工学教育を行う高等教育機関の多くは官立の高等工業学校または大学専門部であった。戦後の学制改革によって、これらの学校群は新制大学の工学部と認可された。古くから大学を設置していたヨーロッパなどでは例外なく総合大学とは別の教育機関で工学教育が行われており、総合大学の中に工学部を置いたのは日本が初めてであった[1][2]

工学部の課程修了して授与される学位は、「学士(工学)」が代表的であるが、近年は、学位に付記される専攻分野の種類も多様化している。

教員免許状取得の課程認定(高校・工業)を受けている工学部の卒業生は、特例により教育実習等の「教職に関する科目」を修得しなくても高等学校教諭一種免許状(「工業」教科に限る)が取得可能となっている(教育職員免許法・附則11による特例。教科科目により代替可能)。ただし、大学によっては特例を利用する場合であっても、教職科目の修得が推奨されている場合もある。

高等専門学校との連携が深い技術科学大学がある。

工学部の教育[編集]

初年次では、基礎科目の内容が学科に依らず、ほぼ同様である点が挙げられる。おもな内容としては、「微積分」「線型代数学」「基礎物理学」「基礎化学」などである。2年次~3年次の専門科目で、学科による差異が生じる。

近年では、細分化した学科による弊害(蛸壺化など)を解消する目的と少子化による学生減少への対応から大括り化が進行している。1学科制の工学系学部も増えており、福島大学(理工学群)、千葉大学、宇都宮大学、山梨大学、新潟大学、長岡技術科学大学、富山大学、豊橋技術科学大学、三重大学、奈良女子大学、和歌山大学(システム工学部)、岡山大学、愛媛大学、徳島大学(理工学部)、香川大学(創造工学部)、長崎大学、宮崎大学、大分大学(理工学部)、佐賀大学(理工学部)、琉球大学、東京工芸大学、八戸工業大学、芝浦工業大学、成蹊大学、関東学院大学(理工学部)、足利大学、新潟工科大学、豊田工業大学にみられる。

工学部設置の沿革[編集]

太字は教育課程が6年制(大学予科本科)だった旧制大学

工学部をおく日本の大学[編集]

国立[編集]

公立[編集]

私立[編集]

工学系学部・類似学際組織をおく日本の大学他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ バイオニクス学部(後に応用生物学部)とコンピュータサイエンス学部に発展改組。
  2. ^ 2003年に入学募集停止した旧工学部の募集再開ではなく新規に設置。

出典[編集]

  1. ^ 21世紀の社会と科学技術を考える懇談会 「科学」と「技術」、「科学技術」について
  2. ^ マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)の「インスティテュート( Institute)」 という名称は、「カレッジ」でも「ユニパーシティ」でもない「大学とは異なる教育機関」を意味していた。したがって、エリートの養成機関である総合大学の中に、日本が工学部を独立した学部として世界で最初に設置し、総合大学に統合したということは画期的なことである(村上陽一郎著、『工学の歴史と技術の倫理』岩波書店、 p.116、2006年)

外部リンク[編集]