宇都宮大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇都宮大学
宇都宮大学の生協
宇都宮大学の生協
大学設置 1949年
創立 1922年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人宇都宮大学
本部所在地 栃木県宇都宮市峰町350
北緯36度33分2.18秒 東経139度54分49.9秒 / 北緯36.5506056度 東経139.913861度 / 36.5506056; 139.913861座標: 北緯36度33分2.18秒 東経139度54分49.9秒 / 北緯36.5506056度 東経139.913861度 / 36.5506056; 139.913861
キャンパス 峰キャンパス(宇都宮市峰町)
陽東キャンパス(宇都宮市陽東)
学部 国際学部
教育学部
農学部
工学部
地域デザイン科学部(2016年新設)
研究科 国際学研究科
教育学研究科
工学研究科
農学研究科
連合農学研究科
ウェブサイト 宇都宮大学公式サイト
テンプレートを表示

宇都宮大学(うつのみやだいがく、英語: Utsunomiya University)は、栃木県宇都宮市峰町350に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称宇大(うだい)。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)5月 - 新制宇都宮大学」が発足。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 在校生が卒業し、旧制3校(栃木師範学校・栃木青年師範学校・宇都宮高等農林学校)を廃止。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 工学部を設置(前身の宇都宮工業短期大学を包括)。
  • 1966年(昭和41年)4月 - 学芸学部を教育学部に改称、農学研究科を設置。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 工学研究科修士課程を設置。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 教育学研究科を設置。
  • 1994年(平成6年)10月 - 国際学部を設置。
  • 1999年(平成11年)4月 - 国際学研究科を設置。
  • 2001年(平成13年)4月 - 遺伝子実験施設を設置。
  • 2002年(平成14年)4月 - 留学生センター、工学部ものづくり創成工学センターを設置。
  • 2004年(平成16年)4月 - 国立大学の法人化に伴い、国立大学法人 宇都宮大学となる。
  • 2015年(平成27年)8月27日 - 新学部(地域デザイン科学部)の設置と既設学部(教育学部・工学部)の改組の申請が文部科学省に認可される[2][3]
  • 2016年(平成28年)4月 - 地域デザイン科学部を設置(予定)[2][3]
    • 教育学部で教員免許取得を卒業要件としない総合人間形成課程の募集を停止[4]、この時の入学生から教員養成に特化。
    • 工学部建設学科を新学部に移行(工学部としての建設学科の募集は停止、地域デザイン科学部としての建築都市デザイン学科の募集を開始)。

学部[編集]

  • 教育学部[注釈 3]
    • 学校教育教員養成課程
      • 学校教育コース
        • 学校教育専攻
      • 教科教育コース
        • 国語教育専攻
        • 社会科教育専攻
        • 数学教育専攻
        • 理科教育専攻
        • 音楽教育専攻
        • 美術教育専攻
        • 保健体育専攻
        • 家政教育専攻
        • 技術教育専攻
        • 英語教育専攻
      • 特別支援教育コース
        • 特別支援教育専攻
    • 総合人間形成課程(2016年4月に募集を停止し、2019年3月末に廃止予定)
      • 人間発達領域
      • 言語文化領域
      • 地域公共領域
      • 環境創造領域、
      • 芸術文化領域
      • スポーツ健康領域
        注:領域は2年進級時に決定

大学院[編集]

  • 国際学研究科[注釈 15]
    • 博士前期課程
      • 国際社会研究専攻
        • 講座:地球社会形成研究講座
        • 教育研究領域[注釈 16]:地球社会形成研究、海域アジア・太平洋研究、陸域ユーラシア研究、専攻共通、研究科共通
      • 国際文化研究専攻
        • 講座:地球文化形成研究講座
        • 教育研究領域[注釈 17]:地球文化形成研究、環太平洋研究、環大西洋研究、専攻共通、研究科共通
      • 国際交流研究専攻
        • 講座:国際社会交流研究講座、国際文化交流研究講座
        • 教育研究領域[注釈 18]:国際交流研究、国際貢献研究、専攻共通、研究科共通
    • 博士後期課程
      • 国際学研究専攻
  • 教育学研究科[注釈 19](修士課程のみ)
    • 学校教育専攻
      • 学校教育専修
        • 分野:教育学、教育心理学
        • 講座:学校教育
    • 特別支援教育専攻
      • 特別支援教育専修
        • 領域:特別支援教育学
        • 講座:特別支援教育
    • カリキュラム開発専攻
      • カリキュラム開発専修
        • 領域:カリキュラム開発・経営、カリキュラム実験
        • 講座:カリキュラム開発
    • 教科教育専攻
      • 国語教育専修
        • 領域:国語科教育、国語学、国文学
        • 講座:国語教育
      • 社会科教育専修
        • 領域:社会科教育、歴史・地理学、倫理・社会科学
        • 講座:社会科教育
      • 数学教育専修
        • 領域:数学科教育、代数学、幾何学、解析学
        • 講座:数学教育
      • 理科教育専修
        • 分野・領域:理科教育、物質科学、生命・地球科学
        • 講座:理科教育
      • 音楽教育専修
        • 領域:音楽科教育、作曲・音楽学、演奏学
        • 講座:音楽教育
      • 美術教育専修
        • 領域:美術科教育、絵画、デザイン、工芸
        • 講座:美術教育
      • 保健体育専修
        • 領域:保健体育科教育、体育学、運動学、学校保健学
        • 講座:保健体育
      • 家政教育専修
        • 領域:技術科教育、技術学
        • 講座:家政教育
      • 技術教育専修
        • 領域:家庭科教育、生活科学、家族・生活経営学
        • 講座:技術教育
      • 英語教育専修
        • 領域:英語科教育、英米語学・英米文学
        • 講座:英語教育
  • 工学研究科
    • 博士前期課程
      • 機械知能工学専攻
      • 電気電子システム工学専攻
      • 物質環境化学専攻
      • 地球環境デザイン学専攻
        • 建築環境デザイン学コース
        • 社会基盤デザイン学コース
      • 情報システム科学専攻
      • 学際先端システム学専攻
        • オプティクスコース
        • ITスペシャリストコース
        • 融合領域システムコース
    • 博士後期課程
      • システム創成工学専攻
        • 循環生産工学コース
        • 機能創成工学コース
        • 知能情報学コース
        • 学際先端システム学コース
  • 農学研究科[注釈 20](修士課程)
    • 生物生産科学専攻
      • 講座:植物生産学講座、動物生産学講座、応用生物学講座、応用生物化学講座、資源循環・土地利用型畜産学分野(畜産草地研究所との連携大学院)
    • 農業環境工学専攻
      • 講座:農業環境システム工学講座
    • 農業経済学専攻
      • 講座:農業経営経済学講座
    • 森林科学専攻
      • 講座:森林生産保全学講座
  • 連合農学研究科[注釈 21](博士課程。宇都宮大学、東京農工大学茨城大学で構成され、基幹大学は東京農工大学)
    • 生物生産科学専攻
      • 大講座:植物生産科学、動物生産科学、生物制御科学
    • 応用生命科学専攻
      • 大講座:応用生物化学、生物機能化学
    • 環境資源共生科学専攻
      • 大講座:森林資源物質科学、環境保全学
    • 農業環境工学専攻
      • 大講座:農業環境工学
    • 農林共生社会科学専攻
      • 大講座:農林共生社会科学

附属機関・施設[編集]

  • 学内共同教育研究施設
    • 地域連携教育研究センター
    • 雑草と里山の科学教育研究センター
    • 総合メディア基盤センター
    • 留学生・国際交流センター
    • 地域共生研究開発センター
    • バイオサイエンス教育研究センター
  • 附属図書館
    • 本館
    • 工学部分館
  • 保健管理センター
  • キャリア教育・就職支援センター
  • 基盤教育センター
  • オプティクス教育研究センター
  • 教職センター
  • 学部附属教育研究施設
    • 国際学部
      • 附属多文化公共圏センター
    • 教育学部
      • 附属教育実践総合センター
    • 工学部
      • 附属ものづくり創成工学センター
    • 農学部
      • 附属農場
      • 農学部附属演習林
        • 船生演習林
        • 日光演習林


  • その他の施設
    • UUプラザ
      大学と地域とを結ぶ架け橋として、2011年6月にオープンした。1階にインフォメーションフロア、2階にコミュニティフロアがあり、学生や職員のほか、近隣地区の自治会などが憩いや懇談の場として利用できる。
    • 日光自然ふれあいハウス
      2008年11月に農学部附属日光演習林宿泊施設を名称変更し、全学施設化。
    • 峰ヶ丘講堂
      1923年に宇都宮高等農林学校の講堂として建てられ、2009年3月に改修された。学生や職員のほか、近隣地区の自治会なども利用できる。
    • 大学会館(峰キャンパス)
      売店、食堂のほか、多目的ホールなども備える。
    • 石井会館(陽東キャンパス)
      売店、食堂のほか、研修室や談話室なども備える。
    • 学生寮
      • 第1寮(宇都宮市石井町2980番地)
        定員36名の男子寮。鉄筋3階建てで、すべて個室。
      • 第2寮(宇都宮市石井町2980番地)
        定員44名の女子寮。鉄筋3階建てで、すべて個室。
      • 陽東寮(宇都宮市陽東7丁目1番2号)
        定員80名の男子寮。鉄骨3階建てで、すべて個室。
      • 雷鳴寮(宇都宮市陽東7丁目1番2号)
        定員36名の男子寮。鉄筋3階建てで、すべて個室。

対外関係[編集]

他大学との関係[編集]

国内・学術交流等協定校
国際・学術交流等協定校
部局間学術交流等協定校

以上の大学との提携関係は、国際交流室が行なっている。提携内容は、先方の学生と、宇都宮大学との留学生の交換が、主である。宇都宮大学と無関係の日本人が、先方の大学に留学し、宇都宮大学に対し日本における観察・実験の調査を依頼しても、無理である。

キャンパス[編集]

陽東キャンパス
  • 峰キャンパス(宇都宮市峰町) - 本部
    • 使用学部:国際学部、教育学部、農学部
  • 陽東キャンパス(宇都宮市陽東七丁目)
    • 使用学部:工学部

附属学校[編集]

受勲[編集]

  • 小田中 秀男(おだなか ひでお):勲三等旭日中綬章。理学博士。北海道大学卒。宇都宮大学名誉教授。
  • 津布楽 喜代治(つぶら きよじ):瑞宝重光章(2005年秋)。元宇都宮大学長。宇都宮大学名誉教授。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

東北地方太平洋沖地震の影響[編集]

東北地方での罹災状況や計画停電の影響を考慮した結果、2011年3月24日挙行予定の学位授与式(卒業式)が中止になった。この他にも3月に実施予定の大部分の行事を中止した。

外部リンク[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「宇都宮大学学則」によると、いずれも修士講座。
  2. ^ 「宇都宮大学学則」によると、いずれも修士講座。
  3. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、技術教育、家政教育、英語教育、学校教育、特別支援教育、カリキュラム開発学の各講座がある。
  4. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、植物生産学、動物生産学、応用生物学の各講座がある。
  5. ^ 植物生産学コース、動物生産学コース、応用生物学コース、応用生物化学コースの4コースがあった
  6. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、応用生物化学講座がある。
  7. ^ 「宇都宮大学学則」によると、いずれも修士講座。
  8. ^ 「宇都宮大学学則」によると、いずれも修士講座。
  9. ^ 「大学要覧」における名称は「森林生産保全学」だが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、「森林資源環境学」という名称の講座が置かれていることになっている。
  10. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、機械生産学、精密システム工学の各講座がある。
  11. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、電磁エネルギー工学、電子物性工学、情報通信システム工学の各講座がある。
  12. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、合成化学、材料化学、環境保全化学の各講座がある。
  13. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、建築学、建設工学の各講座がある。
  14. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、修士講座として、情報数理、情報処理の各講座がある。
  15. ^ 「大学要覧」に記載はないが、「宇都宮大学学則」によると、博士講座として「国際学研究」がある。前期課程の講座は「大学要覧」、2015年入学生用の博士前期課程の学生募集要項[1]による。
  16. ^ 2015年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、授業科目はこれら研究領域に区分される。
  17. ^ 2015年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、授業科目はこれら研究領域に区分される。
  18. ^ 2015年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、授業科目はこれら研究領域に区分される。
  19. ^ 各専攻の講座は、「大学要覧」による。また、分野・領域は2014年度入学生用の「学生募集要項」(第2期)[2]による。
  20. ^ 各専攻の講座は、「大学要覧」、「学生募集要項」(2014年度入学生用)による。
  21. ^ 大講座は、「東京農工大学大学院連合農学研究科概要」(2013年版)による。

出典[編集]

  1. ^ 宇都宮大学栃木師範学校・宇都宮大学栃木青年師範学校・宇都宮大学宇都宮高等農林学校
  2. ^ a b c 平成28年4月「地域デザイン科学部」がスタートします - 宇都宮大学ウェブサイト
  3. ^ a b c 平成28年度国立大学入学定員増減予定表(大学) (PDF) - 文部科学省ウェブサイト
  4. ^ 2015年(平成27年)4月入学生の卒業する2019年(平成31年)3月に廃止される。
  5. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  6. ^ 佐藤太郎(2015年5月27日). “宇大とガーナ大協定 農学部、共同研究へ”. 朝日新聞(朝日新聞社)