神戸大学大学院農学研究科・農学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸大学 > 神戸大学大学院農学研究科・農学部

神戸大学大学院農学研究科(こうべだいがくだいがくいんのうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Agricultural Science)は、神戸大学に設置される大学院研究科の一つである。また、神戸大学農学部(こうべだいがくのうがくぶ、英称:Faculty of Agriculture)は、神戸大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

神戸大学農学部は、兵庫県立の兵庫農科大学を、1966年に文部省の方針で国立に移管して設立された学部である。「農場から食卓まで」をスローガンに、農学の幅広い分野を、世界最高水準で扱っている[1]

沿革[編集]

  • 1949年 - 兵庫県立農科大学(のちの兵庫農科大学)設立[1]
  • 1966年 - 兵庫農科大学を神戸大学農学部に改組[1]
  • 1967年 - 附属農場を設置[1][2]
  • 1972年 - 大学院農学研究科を設置[1]
  • 1994年 - 大学院農学研究科を大学院工学研究科、大学院理学研究科と統合し、大学院自然科学研究科を設立[1]
  • 2007年 - 大学院自然科学研究科を解体し、大学院農学研究科が独立[1]

学科[編集]

著名な出身者[編集]

政治、経済[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「沿革」神戸大学大学院工学研究科・工学部
  2. ^ 「法・経済・経営学部及び経済経営研究所の前身」神戸大学
  3. ^ a b c d 「歴史と沿革」神戸大学

外部リンク[編集]