神戸大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸大学医療技術短期大学部
大学設置 1982年
創立 1949年
廃止 1998年
学校種別 国立
設置者 神戸大学
本部所在地 兵庫県神戸市須磨区友が丘7-10-2
学部 看護学科
理学療法学科
作業療法学科
衛生技術学科
テンプレートを表示

神戸大学医療技術短期大学部(こうべだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: School of Allied Medical Sciences, Kobe University[1])は、兵庫県神戸市須磨区友が丘7-10-2に本部を置いていた日本国立大学である。1982年に設置され、1998年に廃止された。大学の略称は神大医短または医短[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 神戸大学医療技術短期大学部は1982年に設置された日本国立短期大学。当初は3学科体制からスタートし、さらに学科の増設により最終的には4学科にまで発展した。

教育および研究[編集]

  • 神戸大学医療技術短期大学部は看護・理学療法・作業療法・臨床検査技師の養成に特化した教育を行っており、神戸大学医学部附属病院での臨床実習が執り行われていた。

学風および特色[編集]

  • 神戸大学医療技術短期大学部は医学部に併設された短大として位置づけられていたが、キャンパスは医学部や他の学部とは別に短大独自のものを擁していた。

沿革[編集]

  • 1949年 兵庫県立医科大学附属高等看護学院が創設される。
  • 1952年 神戸医科大学附属高等看護学院に校名変更。
  • 1957年 兵庫県立高等看護学院が設置される。
  • 1959年 神戸医科大学附属高等看護学院が閉校される。兵庫県立高等看護学院と兵庫県立保健婦専門学院が統合されて兵庫県立厚生女子専門学院看護学科と保健学科を置く。
  • 1967年4月 兵庫県立厚生女子専門学院保健学科が兵庫県立厚生専門学院に移管。
  • 同年6月 兵庫県立厚生女子専門学院が神戸大学医学部附属看護学校となる。
  • 1969年 神戸大学医学部附属衛生検査技師学校を設置。
  • 1972年 同学校を神戸大学医学部附属臨床検査技師学校に改名。
  • 1978年8月 校舎を神戸市生田区楠町7丁目から須磨区友が丘7丁目に移転。
  • 同年9月 神戸大学医療技術短期大学部設置準備委員会設置。
  • 1980年9月 神戸大学医療技術短期大学部設置準備室設置。
  • 1981年4月 神戸大学医療技術短期大学部創設準備室及び創設準備委員会設置。
  • 1982年 神戸大学医療技術短期大学部開学。
    • 看護学科
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
  • 1983年 衛生技術学科を開設。
  • 1994年度をもって学生受け入れ終了。
  • 1998年3月 廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 兵庫県神戸市須磨区友が丘7-10-2

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科 80
  • 理学療法学科 20
  • 作業療法学科 20
  • 衛生技術学科 40

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

受験資格

年度別学生数[編集]
- 看護学科 衛生技術学科 理学療法学科 作業療法学科 出典
入学定員 80 40 20 20
総定員 240 120 60 60
1982年[3] 男1
女79
- 男14
女6
男10
女8
[4]
1983年[5] 男2
女156
男7
女33
男19
女20
男14
女24
[6]
1984年[7] 男3
女233
男10
女71
男28
女33
男19
女33
[8]
1985年[9] 男2
女246
男15
女107
男25
女42
男13
女50
[10]
1986年[11] 男4
女242
男12
女114
男26
女45
男17
女53
[12]
1987年[13] 男4
女246
男12
女117
男27
女43
男12
女57
[14]
1988年[15] 男2
女242
男9
女111
男19
女41
男17
女54
[16]
1989年[17] 男2
女251
男8
女109
男19
女44
男20
女54
[18]
1990年[19] 男3
女246
男5
女119
男27
女45
男21
女53
[20]
1991年[21] 男4
女240
男17
女103
男26
女40
男16
女53
[22]
1992年[23] 男3
女251
男5
女119
男26
女43
男13
女60
[24]
1993年[25] 男2
女254
男5
女115
男28
女45
男11
女61
[26]
1994年[27] 男3
女243
男3
女120
男21
女53
男10
女61
[28]
1995年[29] 男2
女160
男2
女79
男13
女31
男7
女44
[30]
1996年[31] 男2
女83
男0
女37
男5
女17
男4
女20
[32]
1997年[33] - - 男0
女1
- [34]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 神戸大学医療技術短期大学部の学園祭は「名谷祭」と呼ばれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 当時、神戸大学名谷キャンパスが短大のキャンパスとなっており、当時鉄筋コンクリート造り6階建てとなっていた。

[編集]

  • なし

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 概ね大半が専門職に就いている。

編入学・進学実績[編集]

  • 看護学科の学生が他の学科と比較すれば進学者が多い傾向にあった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/10007738455より
  2. ^ 神戸大学関係者間での呼称
  3. ^ 1955年3月
  4. ^ 昭和58年度版『全国学校総覧』36頁(以下、『総覧』と略する。)
  5. ^ 1983年5月
  6. ^ 昭和59年度版『総覧』36頁
  7. ^ 1984年5月
  8. ^ 昭和60年度版『総覧』36頁
  9. ^ 1985年5月
  10. ^ 昭和61年度版『総覧』41頁
  11. ^ 1986年5月
  12. ^ 昭和62年度版『総覧』41頁
  13. ^ 1987年5月
  14. ^ 昭和63年度版『総覧』42頁
  15. ^ 1988年5月
  16. ^ 昭和64年度版『総覧』45頁
  17. ^ 1989年5月
  18. ^ 90年度版『総覧』46頁
  19. ^ 1990年5月
  20. ^ 91年度版『総覧』46頁
  21. ^ 1991年5月
  22. ^ 92年度版『総覧』46頁
  23. ^ 1992年5月
  24. ^ 93年度版『総覧』48頁
  25. ^ 1993年5月
  26. ^ 94年度版『総覧』49頁
  27. ^ 1994年5月
  28. ^ 95年度版『総覧』51頁
  29. ^ 1995年5月
  30. ^ 96年度版『総覧』53頁
  31. ^ 1996年5月
  32. ^ 97年度版『総覧』55頁
  33. ^ 1997年5月
  34. ^ 98年度版『総覧』56頁
  35. ^ http://shingakunet.com/net/sensei/detail/SC005485/9000438262より

関連項目[編集]

関連サイト[編集]