鈴木正裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 正裕(すずき まさひろ、1932年1月31日 - 2019年3月6日[1])は、日本法学者。専門は民事訴訟法学位は、博士(法学)京都大学論文博士・2017年)(学位論文『近代民事訴訟法史・オーストリア』)。神戸大学名誉教授。第10代神戸大学学長。神戸大学退官後は弁護士登録大阪弁護士会所属)。2008年瑞宝重光章受章。

来歴[編集]

現在の大阪府東大阪市に生まれる。

大阪府立住吉高等学校から京都大学法学部に進学し、在学中の1954年司法試験に合格した。1955年に卒業、同大学院法学研究科に進み、1957年修士課程を修了した。

1960年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学神戸大学法学部講師、同助教授1962年)を経て 1970年に神戸大学法学部教授、1986年同法学部学部長、1991年第10代神戸大学学長に就任。1995年の退任直前に阪神・淡路大震災に遭遇し、1月19日の評議会では予定していた退任挨拶を読むことを取りやめ、後日公表した[2]

この間、学外では司法試験考査委員(1974年 - 1979年、1982年 - 1984年)法制審議会民事訴訟法部会委員(1985年 - 1999年)、民事訴訟法学会理事長(1986年 - 1989年)といった役職も歴任した。

1995年に神戸大学を退官して名誉教授となるとともに、大阪弁護士会弁護士登録する。

1996年より 甲南大学教授に就任する(2002年まで)。また同年より1999年まで法制審議会破産法部会委員も務めた。

2017年京都大学より博士(法学)の学位を取得[3]

2019年3月6日、骨髄異形成症候群のため大阪市の病院で死去[1]。没後、政府より従三位に叙された[4]

人物・学風[編集]

ドイツ民事訴訟法にも造詣が深かった。晩年に至っても研究意欲は衰えず、2016年に出版した『近代民事訴訟法史・オーストリア』で、2017年に京都大学より博士の学位を取得[3]

中田淳一(京都大学教授)に師事。同年代の同門に、谷口安平(京都大学名誉教授)、井上正三(九州大学名誉教授。井上治典と共に「手続保障の第三の波」論で有名)がおり、当時、三羽烏と呼ばれることもあった[5]。同じく民事訴訟法学者の新堂幸司(東京大学名誉教授)とは同学年にあたる。そのほか、最高裁判事も務めた奥田昌道(京都大学名誉教授)とは学部時代の同級生である。

主著[編集]

  • 『近代民事訴訟法史・日本』有斐閣
  • 『近代民事訴訟法史・日本2』有斐閣
  • 『近代民事訴訟法史・ドイツ』信山社、2011年
  • 『近代民事訴訟法史・オーストリア』信山社、2016年
  • 『新民事訴訟法講義』有斐閣、第3版、2018年(中野貞一郎松浦馨との共編著)
  • 『注釈民事訴訟法(全9巻)』有斐閣(共編著)
  • 『民事保全講座(全3巻)』法律文化社(中野貞一郎、原井龍一郎との共編著)
  • そのほか、論文集にまとめていない数多くの研究論文がある。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木正裕氏死去 元神戸大学長」『山陽新聞』、2019年3月11日。2019年3月15日閲覧。オリジナルの2019年3月14日時点におけるアーカイブ。
  2. ^ 学長退任挨拶 1995(平成7)年2月 神戸大学を去るにあたって - 神戸大学大学文書資料館(歴代学長式辞・挨拶等)
  3. ^ a b 鈴木正裕「近代民事訴訟法史・オーストリア」京都大学 博士(法学)、乙第13123号、2017年9月、 doi:10.14989/doctor.r13123
  4. ^ 『官報』7487号、平成31年4月12日
  5. ^ 谷口安平, 菊間千乃 『終わりなき好奇心 : 谷口安平オーラル・ヒストリー : グローバル・ジュリストへの軌跡= Endless curiosity』北大路書房、2018年、149頁。ISBN 9784762830433NCID BB27261709https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029308653-00 

外部リンク[編集]