西塚泰美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西塚 泰美
にしづか やすとみ
Nishiz, yasutomi.jpg
生誕 1932年7月12日
兵庫県芦屋市
死没 (2004-11-04) 2004年11月4日(72歳没)
兵庫県神戸市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 京都大学
神戸大学
出身校 京都大学大学院医学研究科博士課程修了
博士課程
指導教員
早石修
博士課程
指導学生
本庶佑
他の指導学生 山中伸弥
主な業績 ホルモンおよび神経伝達物質の受容機構に関する研究
主な受賞歴 #受賞歴参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

西塚 泰美(にしづか やすとみ、1932年昭和7年)7月12日 - 2004年平成16年)11月4日 )は、日本の医学者、生化学者。神戸大学名誉教授学長医学博士京都大学、1963年)。日本学士院会員。文化勲章受章者。兵庫県芦屋市生まれ、愛知県名古屋市育ち、愛知県立昭和中学・高校を経て、県立熱田中学校(現:愛知県立瑞陵高等学校)、京都大学医学部卒業。

業績[編集]

牛の脳細胞から、タンパク質リン酸化酵素であるプロテインキナーゼCを取り出すことに成功し、その機能を解析した。これにより、新たな細胞内の情報伝達系が解明され、癌化機構をはじめとする様々な生命調節機構が明らかになった。この業績は、1991年に米国科学情報研究所 (ISI) 発表の論文引用頻度で7位に挙げられるほど高く評価され、その後の生命科学の進展に多大な影響を与えた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

栄誉[編集]

論文・講演要旨・寄稿文[編集]

  • 西塚泰美「Enzymic formation of lactobionic acid from lactose」京都大学 博士論文、[報告番号不明]、1963年、NAID 500000460484
  • 早石修, 西塚泰美「14.DPN生合成におけるトリプトファンとナヤシンの意義(第144回会議研究発表要旨)」『ビタミン』第28巻第2号、日本ビタミン学会、1963年、 200-201頁、 doi:10.20632/vso.28.2_200_2ISSN 0006-386XNAID 110002863970
  • 西塚泰美「GTPとポリペプチド形成反応」『蛋白質核酸酵素』第11巻第10号、共立出版、1966年9月、 807-817頁、 ISSN 00399450NAID 40018022912
  • 西塚泰美、上田国寛、中沢欽哉、REEDER R. H., 本庶佑、早石修「POLY ADENOSINE DIPHOSPHATE RIBOSE SYNTHESIS AND NICOTINAMIDE ADENINE DINUCLEOTIDE TRANSGLYCOSIDASES」『THE JOURNAL OF VITAMINOLOGY』第14巻、日本ビタミン学会、1968年、 143-152頁、 doi:10.5925/jnsv1954.14.Supplement_143ISSN 0022-5398NAID 130001749169
  • 西塚泰美「トリプトファンからNADおよびセロトニンの生合成に関する研究 (アミノ酸代謝異常(特集))」『小児科診療』第31巻第8号、診断と治療社、1968年8月、 1103-1113頁、 ISSN 03869806NAID 40017893373
  • 西塚泰美「代謝調節機構とガン細胞にみられるその異常 (ガン 分子生物学の立場から(特集))」『蛋白質核酸酵素』第15巻第5号、共立出版、1970年4月、 370-388頁、 ISSN 00399450NAID 40018023790
  • 西塚泰美「むすびcycicAMPの諸問題 (CyclicAMPその後)」『代謝』第9巻第8号、中山書店、1972年8月、 821-826頁、 ISSN 03721566NAID 40018017559
  • 西塚泰美「ホルモンの作用と環状ヌクレオチド」『日本内分泌学会雑誌』第52巻第11号、日本内分泌学会、1976年、 1126-1140頁、 doi:10.1507/endocrine1927.52.11_1126ISSN 0029-0661NAID 130001938547
  • 西塚泰美「ホルモンへの応答とその異常 (ホルモン不応症<特集>)」『代謝』第14巻第7号、中山書店、1977年7月、 p1149-1152、 ISSN 03721566NAID 40002286088
  • 西塚泰美「2.チロシンアミノ転移酵素の誘導現象と環状ヌクレオチド(ビタミンB研究委員会 : 第242回会議研究発表要旨)」『ビタミン』第52巻第3号、日本ビタミン学会、1978年、 150-151頁、 doi:10.20632/vso.52.3_150ISSN 0006-386XNAID 110002844695
  • 箸本英吉, 山村博平, 西塚泰美「生体における受容機構とその伝達」『生物物理化学』第23巻第1号、日本電気泳動学会、1979年、 9-13頁、 doi:10.2198/sbk.23.9ISSN 0031-9082NAID 130003606537
  • 西塚泰美「糖代謝とホルモン」『大阪医科大学雑誌』第38巻第1号、大阪医科大学医学会、1979年6月、 1-10頁、 ISSN 00306118NAID 40000289064
  • 西塚泰美「血小板活性化反応とイノシトール-リン脂質 : 第283回会議研究発表要旨」『ビタミン』第59巻第2号、日本ビタミン学会、1985年、 76-77頁、 doi:10.20632/vso.59.2_76ISSN 0006-386XNAID 110002846923
  • 井村裕夫, 岸本忠三, 西塚泰美「レセプタ-と疾患」『代謝』第23巻、中山書店、1986年4月、 p1-362,巻頭2p,巻頭図4p、 ISSN 03721566NAID 40002288138
  • 「西塚泰美教授日本学士院賞を受賞」『神戸大学医学部神緑会学術誌』第2号、神緑会、1986年6月、 70-72頁、 doi:10.24546/81007021ISSN 0914-9120NAID 110007043973
  • 西塚泰美「細胞情報の受容と伝達のしくみ」『化学』第41巻第7号、化学同人、1986年7月、 p416-422、 ISSN 04511964NAID 40000390350
  • 西塚泰美「プロテインキナ-ゼCの研究と展望」『科学』第57巻第3号、岩波書店、1987年3月、 p132-140、 ISSN 00227625NAID 40000394825
  • 西塚泰美「癌の成り立ち (新春学術講演)」『神戸大学医学部神緑会学術誌』第12号、神緑会、1996年8月、 52-53頁、 doi:10.24546/81007461ISSN 0914-9120NAID 110006661133
  • 西塚泰美「脂質の科学--過去から未来への伝承」『蛋白質核酸酵素』第44巻第8号、共立出版、1999年6月、 943-946頁、 ISSN 00399450NAID 40002333174
  • 西塚泰美「細胞内シグナル伝達の仕組み : その研究と展望」『日本ハンセン病学会雑誌』第72巻第2号、2003年6月、 84-85頁、 ISSN 13423681NAID 10011052749
  • 宇井理生「西塚泰美先生を偲んで」『ファルマシア』第41巻第3号、日本薬学会、2005年、 259頁、 doi:10.14894/faruawpsj.41.3_259_2ISSN 0014-8601NAID 110009894433

出典[編集]

  1. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2009年10月18日閲覧。
  2. ^ "Nishizuka; Yasutomi (1932 - 2004)". Record (英語). The Royal Society. 2012年3月27日閲覧