西塚泰美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西塚 泰美
(にしづか やすとみ)
生誕 1932年7月12日
日本の旗
死没 (2004-11-04) 2004年11月4日(満72歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 京都大学
神戸大学
出身校 京都大学医学研究科博士課程修了
博士課程
指導教員
早石修
博士課程
指導学生
本庶佑
他の指導学生 山中伸弥
主な業績 ホルモンおよび神経伝達物質の受容機構に関する研究
主な受賞歴 #受賞歴参照
プロジェクト:人物伝

西塚 泰美(にしづか やすとみ、1932年昭和7年)7月12日 - 2004年平成16年)11月4日 )は、日本の医学者生化学者。神戸大学名誉教授学長医学博士京都大学、1963年)。日本学士院会員。文化勲章受章者。兵庫県芦屋市生まれ、愛知県名古屋市育ち。熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)、京都大学医学部卒業。

業績[編集]

牛の脳細胞から、タンパク質リン酸化酵素であるプロテインキナーゼCを取り出すことに成功し、その機能を解析した。これにより、新たな細胞内の情報伝達系が解明され、癌化機構を初めとする様々な生命調節機構が明らかになった。この業績は、1991年に米国科学情報研究所 (ISI) 発表の論文引用頻度で7位に挙げられるほど高く評価され、その後の生命科学の進展に多大な影響を与えた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

栄誉[編集]

出典[編集]

  1. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2009年10月18日閲覧。
  2. ^ Nishizuka; Yasutomi (1932 - 2004)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年3月27日閲覧。