金子健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 健二(かねこ けんじ、1880年1月13日 - 1962年1月3日)は、新潟県中頸城郡新井町出身の英文学者。

経歴[編集]

高田中学校から東京の郁文館中学校第四高等学校を経て1905年東京帝国大学英文科卒。

1907年から1909年まで米国のカリフォルニア大学バークレー校大学院に学び、帰国後広島高等師範学校教授、24年在外研究員として渡欧、26年文部省督学官、東アジア、インドに調査旅行、33年静岡高等学校校長、34年勲三等、39年姫路高等学校校長、41年従三位日本女子高等学院教授、46年校名変更で日本女子専門学校教授、学校法人東邦学園理事、49年校名変更で昭和女子大学初代学長、理事を務める。

中世英文学を専攻したが、インド、夏目漱石など関心は広かった。

著書[編集]

  • 言葉の研究と言葉の教授 東京宝文館 1923
  • 英国世相史 東京宝文館 1923
  • 馬のくしやみ 積善館 1926
  • 言語哲学と言語共和国 目黒書店 1927
  • 北欧の海賊と英国文明 研究社 1927
  • 英国自然美文学の研究 泰文堂書店 1928
  • ガンヂーさんの糸車 尚文堂 1931
  • 英語発達史 健文社 1932
  • 印度 湯川弘文社 1942
  • 巡歴詩人 湯川弘文社 1942
  • 東洋文化西漸史 富山房 1943
  • 俳人遺墨 湯川弘文社 1943
  • アメリカ文化史 弘文社 1947
  • 人間漱石 いちろ社 1948

翻訳[編集]

  • 東洋旅行記 マンダヴイル 大鐙閣 1919
  • カンタベリ物語 チヨーサア 国際文献刊行会 1926 (世界奇書異聞類聚) のち角川文庫 
  • ジエスタ・ローマノーラム 宝文館 1928
  • 英吉利中世紀物語詩集 健文社 1930
  • 英吉利中世詩ローマ七賢物語 健文社 1930 
  • 小泉八雲全集 第11巻 書簡集 第一書房 1931 

外部リンク[編集]

公職
先代:
堀重里
日本の旗 静岡高等学校長
1933年 - 1939年
次代:
三谷隆
学職
先代:
(新設)
昭和女子大学
1949年 - 1962年
次代:
玉井幸助