静岡高等学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
静岡高等学校
(静高)
創立 1922年8月24日
所在地 静岡市
初代校長 金子銓太郎
廃止 1950年
後身校 静岡大学
同窓会

旧制静岡高等学校(きゅうせいしずおかこうとうがっこう)は、1922年大正11年)8月静岡市に設立された官立旧制高等学校。略称は「静高」(しずこう)。

概要[編集]

  • 文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置された。
    仏語を第一外国語とする丙類が置かれた旧制高等学校であった。
  • ほぼ完全な寮自治が行われ、生協に倣って、早くから自炊制度が導入された。
  • 入学者は静岡県出身者が最も多く、東京府出身者がこれに次いだ。東京帝大への進学率の高さは、一高浦高に次ぐ第3位の進路実績であり、卒業生の大部分を東京帝大生で占めていた。
  • 寄宿舎として「秀峰富士を仰ぐ」という意の「仰秀寮」が設置された。
  • 新制静岡大学の前身校の一つであり、静岡大学文理学部の構成母体となった。その後文理学部は、静岡大学人文学部(2012年に人文社会科学部に改称)理学部に発展改組、旧制静岡高等学校の有形無形の伝統を受け継いで現在に至っている。
  • 新制高校である静岡県立静岡高等学校と混同しないよう注意を要する。

沿革[編集]

  • 1922年8月:設立。安倍郡安東村大岩(現:葵区大岩本町29番)に校舎を構える。
  • 1930年5月:昭和天皇の静高訪問に伴う弾圧事件。
    • 学生による「某名士来る」のビラを押収、学生14名検挙(うち3名放校、7名退学)。
  • 1949年5月:新制静岡大学発足にともない包括。
  • 1950年3月:廃校。

寮歌[編集]

地のさゞめごと秘めやかに 安倍の川瀬の奏れば 芙蓉の峰は厳かに 天の黙示をもらすなり ゆかしの陵や静陵は 高き望を富士ばらの 匂にこめて集ひ来し 我等が舘そびゆなり

校地の変遷と継承[編集]

旧制静岡高等学校の校地は、駿府城公園(駿府城址)の北側、賤機山の東麓に位置していた。静岡大学発足後は、旧制静岡高等学校の後身である文理学部のキャンパスとして継承されたが、1968年に、静岡大学が静岡市駿河区大谷に統合移転したため、校地は廃止された。跡地は静岡市に譲渡、整備され、1985年に静岡市立城北公園が開園、静岡市立中央図書館を置くなど市民の憩いの場として現在に至っている。旧本館があった位置には、花時計があり、 旧制静岡高等学校を記念するモニュメントとして、正門のあった位置に「留魂碑」、園内には、「静陵輝像」「寮歌碑」などのモニュメントが建立されている。また、旧制静岡高等学校寄宿舎「仰秀寮」は、静岡大学仰秀寮として継承されたが、上述の統合移転後は、静岡市駿河区小鹿三丁目にある静岡大学雄萠寮に、仰秀寮で使用されていた寮名(3階「不二寮」、2階「穆寮」、1階「映寮」、4階「魁寮」、5階「悟寮」)、寮歌「地のさゞめごと」、ストームなどの伝統として継承されている。

歴代校長[編集]

  • 織田祐萠:不詳 - 1945年10月15日[1]
  • 朝比奈策太郎:1945年10月15日[1] -

出身者[編集]

政官界[編集]

法曹[編集]

学術[編集]

経済[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第5632号、昭和20年10月19日。

関連書籍[編集]

尾崎ムゲン作成「文部省管轄高等教育機関一覧」参照

外部リンク[編集]