翻訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。最も身近なものとして、言語における翻訳があり、あるソース言語(source language)によって表現された文章を、別のターゲット言語(target language)で表現することを指す。

概要[編集]

ある文章(原語文)を他言語で記述する行為を一般に翻訳と呼ぶ。一方、発話を別言語に置き換える行為は通訳と呼ばれる。元の文を原文といい、翻訳された文を訳文・翻訳文と言う。また、元の言語のことをソース言語または原言語、訳文・翻訳文の言語をターゲット言語または目的言語と言う。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、ソース言語が英語であり、ターゲット言語が日本語である。

初心者が行う翻訳では、ソース言語からターゲット言語へ、個々の語彙レベルでバラバラに、辞書に掲載されているターゲット語に置き換え、しかも、ターゲット言語での自然な表現の体系を無視し、ソース文の文型(初心者向け文法上の文型分類)や文章構造など[1]までもそのままに、強引に放置することがある。こうした、辞書に掲載されているような 単純な逐語的な置き換えや、熟語レベルの機械的な置き換えだけで済ませている翻訳などで、文章が状況や文脈ごとに持っている機能に十分に注意を払っていないような翻訳を「直訳」と言う。

(場合によっては、機械翻訳(機械的に対応する単語を当てはめてゆく方式の翻訳)が行われることもある。これも直訳と言ったりもする。)

これに対し、文章中の個々の単語の対応にこだわらず、肝心の、文章が発話された状況や文脈において果たす機能や本当の意味(意図)のほうにフォーカスを当てて、ターゲット言語でほぼ同等の機能や意味作用を持つ文章を、多数の文章の記憶(言語の使用経験に裏打ちされた、文脈ごとの、適切な発話事例に関する記憶)の中から見つけ出し、それを翻訳文とすることがある。これが意訳と呼ばれるものである。様々な言語の上級者や、ソース言語とターゲット言語のどちらも上級者(や母国語なみの話者)の場合は、この意訳を行うことができる。両方の意味や機能が良く分かるので、意訳のほうが望ましい、ということが理解できる。意訳は、一般に、語学の初心者の段階では(やりたくても)ハードルが高く、まだ困難である。意訳を行えるようになるためには、センスの良い意訳の仕組みについての翻訳上級者や翻訳専門家からのレッスンや解説書で訓練を積むと習得しやすい。ただし、それだけでは十分ではなく、ソース言語とターゲット言語の双方、ソース言語の側の文化、ターゲット言語側の文化、双方の文化の《ものの考え方》の相違に関する知識、人々の様々な習慣の違いに関する知識...等々 幅広くかつ深い知識が必要となる。つまり、上質な意訳を行うためには、双方の文化を熟知し、双方の文化圏で常識や一般教養と思われていることは、(双方の文化圏での違いを意識しつつ)身につけ、またさらに、雑学的な知識までも(翻訳の段階で辞書で、あわてて調べても、咄嗟に大きな体系を理解できるものではないので)普段から地道にコツコツと蓄積し、体得しておくことによって、ようやく意訳は上達することになる。

文学作品や娯楽作品の意訳などでは、訳者なりの解釈が加えられ、アレンジを伴うこともある[2]。同じ原文でも各々の訳者の個性を反映した多様な意訳作品が発表されている。

両言語から対応するを選定する直訳作業において、単語は言語間で一対一の対応があるとは限らないことが問題となる。 例えば、ソース言語では1語で表される概念が、ターゲット言語では複数の語(複数の概念)にまたがっていたり、逆にソース言語で複数の語であるものが、ターゲット言語では1語となってしまう場合がある。 更には両言語で語の意味する範囲が微妙に異なるため、文脈によっては同じ訳文を使用できない場合なども存在する。

これは、文学作品でのニュアンスや語感の再現や、言語による色の表現などで顕著になる問題である。 例えば、の色の数は、日本では7色とされているが、他の地域や文化によっては7色とは限らない。また、日本語で「」と呼ばれるものに緑色の植物や信号灯が含まれるのも、単純に単語を置き換えることができない顕著な例である。なお、このような一対一の対応がないという問題は、コンピュータによる自動的な機械翻訳の実現が単なる単語の差し替えでは不充分であることにもつながっている。

さらに、場合によってはターゲット言語に対応する概念が見当たらないこともあり、この場合は翻訳が難しくなる。

なお、近年ではコンピュータの発達に伴って機械翻訳という言葉はコンピュータが自動的に行う翻訳を指すようになり、そのようなコンピュータによる翻訳と人間の手による翻訳とを区別するために、人間によって翻訳が行われることを、人力翻訳人手翻訳と言う場合もある。

重訳[編集]

重訳とは、A言語→X言語→B言語、という風に、いったん他の言語に翻訳された版を参照し、さらに他の言語へ重ねて翻訳する方法である。ソース言語であるA言語からターゲット言語であるB言語へ直接翻訳を行うことが、何らかの事情により困難な場合に行われる。 コンピュータによる翻訳でも同様の手法が採られる場合があり、この場合ピボット翻訳と呼ばれることが多い。

宗教書を例にとると、仏典の場合はサンスクリットパーリ語の版から漢訳し、さらに日本語へ重訳されている。

翻訳料[編集]

職業として翻訳を行う者を翻訳家もしくは翻訳者と言い、彼らは翻訳を行った対価として翻訳料を徴収している。

一般に、翻訳料には印税方式請負方式(ワード方式、単発方式)といった種別がある。

印税方式とは、出版物や楽曲など著作物の著作者・著作権者に対し、出版社やレコード会社や大手企業などの利用者が利用実績に応じて、著作者・著作権者・翻訳家らに対して支払う対価をいう。

一方、ワード方式とは、翻訳会社や大企業が翻訳者に対して翻訳を発注する際の計算方式で、 一般的にワード(翻訳の数量的最小単位。英語1単語を1ワードという)あたりの単価とワード数の積で当該案件の金額が決まる方式をいう。 専門分野や発注会社にもよるが、セミプロで1ワード10円、プロで1ワード15円~30円、特許権などの特殊翻訳や一流翻訳者の場合で1ワード40円前後というのが2010年現在の業界の相場である。 これは一見安いように見えるが、最近のマニュアルや専門書は年々分厚くなってきており、1冊(1業務)あたりのワード数は20万語から30万語を越えるものも多い。 このため、1か月1冊、年間12冊以上翻訳するならば、セミプロでは年収200万円前後、ベテランになると年収2,400万円から3,000万円程度となる[3]。 実情は、フリーランスの翻訳者の場合、年収は300万円から600万円というのが相場である[4]

社会貢献[編集]

職業としての翻訳家であるか否かを問わず、高度な語学力を有する者は、地方公共団体特定非営利活動法人ジャーナリストなどに対して翻訳ボランティア活動を行うことが可能である。 たとえば、名古屋市における名古屋国際センターは、在日外国人の支援活動の一環として翻訳・通訳ボランティアを募集している[5]。 また、東日本大震災の発生時に東京外国語大学の有志の学生たちにより「地震発生時緊急マニュアル」が作成され、40か国以上の言語に翻訳された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば端的には、日本語では、一人称の主語が省略されるのが自然な場合であっても、ソース言語の英語、ソース文での冒頭で「I (アイ)」 と書いてあるからといって、機械的に、よく考慮もせず、「私は」という言い方で、訳文を初めてしまうなどの、初歩的な、稚拙なやり方。
    また、ある意味内容を能動態で表現するのが自然か、受動態で表現するのが自然か、といったことなども、言語ごとに性質が異なるので、たとえソース文で受動態で表現されていたとしても、もしターゲット言語では能動態で表現するのが自然な場合は、文法構造なども臨機応変に置き換えるのが望ましい翻訳である。もし文法構造までソース文からターゲット文へと機械的に強引に継承してしまうと(=稚拙な直訳)、母語話者にとって、とても奇妙に感じられ、理解しにくい文、となる傾向がある。
  2. ^ [1]作家の冲方丁氏がローカライズスタッフとして関わっており,一度翻訳された文章が氏のセンスでアレンジしなおされ,海外のゲームながら日本人のツボにあった笑えるテキストになっている。 4gamer
  3. ^ 翻訳年収2,400万円は、いかに生まれるか。翻訳者・水野麻子。Copyright (C) 水野麻子, All rights reserved.
  4. ^ 翻訳年収。Copyright (C) 年収, All rights reserved.
  5. ^ 登録ボランティア制度について名古屋国際センター、2012年9月11日閲覧)
  6. ^ Japan earthquake how to protect yourself (地震発生時緊急マニュアル)、日本語・英語・その他の言語、東京外国語大学の学生たち、2012.3.3開始、2012年9月11日閲覧

関連項目[編集]